« 2019年2月 | トップページ

2019年3月の記事

2019年3月28日 (木)

さくらを待つこころ

19030201

 

 

春は日本人にとってはやはり特別な季節だろう。
僕のように雪深い地域に住んでいる者にとっては、なおさらの感覚なのだ。木々が燃え立つように染まる時期を過ぎ、見渡す限りモノトーンの季節を迎え、再び色彩を浴びる季節がやってくる。 この地方のさくらの開花はまだ少し先のようだけど、訳もなく何処かに出かけてみたくなったり、何か新しい事を始めたくなるこの時期特有の感覚はもう目覚めているようだ。

 

***

 

ここは”しん”という表現すらそぐわないような場所だった。
耳鳴りしか聞こえないような静寂に包まれた春のスキー場。けして遠い場所ではなく、家からクルマで20分も走れば着いてしまうような距離だった。まだゲレンデに僅かに残る冬の賑わいの痕跡を眺めながら、今シーズンも多忙を理由に、リフトに乗ることはなかった事を思い出していた。
昔から言われている事に、体が覚えている、というのがある。
これはどうやら幼少期から青年期にかけて身に付けた事のようで、自転車・水泳・スキー・竹馬・etcなどが該当するらしい。自転車や水泳では実証済なのだけど、スキーはもう二十年近くのブランクが空いてしまっていた。



よわいを重ねてくると、若い頃のピークの直前やピークよりも、それを少し過ぎた頃に慈しみを覚えるようになってきた。
見る角度が変わって来たと言う方が正確かもしれない。
十四番目の月も次の日から欠ける満月もそれなりに美しいのだけど、嗚呼・・・昨夜は満月だったなぁ、と見上げるいざよいの月。八分咲きや満開のさくらももちろん華やかで美しい。けれど最近はわんわんと花が散った後に残る銀朱色の萼と、花筏のコントラストに日本の色彩を感じてみたりと言った具合なのだ。

 

そういえば、満開のさくらが月光を浴びた時の妖艶な美しさに気付いたのも近年の事だった。

 

メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 から第1楽章

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2019年3月11日 (月)

文章のない記事

 

190301

 

You Raise Me Up       Celtic Woman

 

 

 

 

 

 

 

|

« 2019年2月 | トップページ