« 人間の英知と能力 ((-続)  南へ550mileの街へ) | トップページ | 雨水も過ぎた頃 »

2019年2月13日 (水)

いっぴのてんじんさん

19020101

 

それはまったくの偶然だった。
宿のエレベーターに貼ってあった一枚の手作りポスター。大阪、それも今回の目的地である『キタ』に位置しながら、それまで全く意識の中にはなかった場所のもの。神社のスナップ写真と道順を書いた手書きのイラスト。内容はあと一週間程で始まる梅まつりの事だった。きっと今頃は祭りの前の閑散とした境内に違いないと、勝手な思い込みから興味は他に逸れて行ってしまっていた。
  
僕の旅先での習慣と言えば早朝の宿付近を散策すること。
散歩というよりは、見知らぬ路地を彷徨うと表現した方がより合っているのかも知れない。けれど今回は相棒が同行していて、昨夜の宴のダメージを引きずりながら、結局は断念してしまっていた。朝メシ会場に向かいながら、昨日から何度か目にしていたはずのこのポスターが頓に気になってしまった。
理由は良くわからないけれど、まるでいつもの習慣へのいざないだとでも言うように。楽しみにしていた朝メシもそこそこに、一時間で戻ると相棒に告げ、歩いて10分程の神社に向かった。

 

宿と神社の位置関係からすれば、裏門から入るのが最短ルート。
初めての神社に裏門から入るか?、そんなことも心を過ったのだけど、あまり信仰心の厚くない僕は時間の方を優先させてしまった。本堂に向かう途中には幾つかの社がある。途中には書道作品も展示されてあり、数人の通勤や通学の人とすれ違った程度の静かな早朝の境内だった。

 

19020102

 

本堂の前に着くと大勢の人が集まり、数人の神職と巫女で何かの神事が執り行われていた。時刻は8時をすこし回ったばかり。こんな早朝に?という疑問が湧いたが、集団で何かご祈祷を受けているのかとも思ってしまった。けれど良く見てみると集まっている人々は老若男女、服装も様々で関連性はなさそうだ。参列している人の中には時計を気にしながら途中で立ち去る人。
表正門から入ってきて、本殿前の神事を気に留める様子もなく、参拝だけすませて裏門へと通り抜けて行く人。
そんな人たちを見ていると、いま目の前で執り行われている神事が、一体何なのかますます分らなくなってゆく。



そんな中、今度は白装束の巫女が笹を束ねたものを神水につけては、勢いよく上に振り上げる。何か禊のようにも見えるがこの寒空の中、巫女はずぶ濡れになりながら拝殿の祝詞に合わせてそれを続けていた。
一通りの儀式が終えると、巫女は笹の葉を傍で控えていた二人の巫女に託して奥に消えた。
風邪など引かなければ良いが、と思う間もなく今度は人々が彼女たちの前に行列を作る。そして先ほどの笹枝を丁寧に受け取っていた。この一連の光景を眺めていてますます分からなくなった僕は、笹枝を受け取りあまり急いでいなそうな老婦人に声をかけてみる。
自分が旅人であることを告げたあと、その笹枝は何なのかと尋ねると、魔除け・厄除けなのだという。そんな話もそこそこに、折角だから授かってくるように勧められた。列に並び相棒の分と二本の笹枝を手にして振り返ると、その人がわざわざ待ってくれていた。

 

19020105

 

これは毎月一日と十五日の魔除け・厄除けの神事だということ。笹枝は玄関の外に飾るもので、その飾り方まで教わった。それからこの街がガラスの発祥地だということに因み、最近できたというガラスの祠も案内してくれた。この神社を地元では『てんまのてんじんさん』と親しみを込めて呼んでいることなどを、耳触りの良い地元言葉で教えてもらえたのは実に嬉しかった。

 

19020103

 

最後に折角だから地元言葉でお礼を言ってみたけれど、慣れないイントネーションで少しはにかんでしまった僕に、
『またきてやぁ~』と笑顔を返してくれた。
こんな旅のめぐりあいも実にいいものだ。

 

19020104

 

『てんまのてんじんさん』。
この呼び名を教えられる前から、僕は裏門に向かって歩きながらあることに気づいていた。それはこの境内をショートカット
して通り抜けてきた人たちの事だった。自転車にせよ、歩いているにせよ、小走りで急いでいるにせよ、門で必ず境内向かって
一礼し、またそれぞれのスピードに戻って行く。
本殿の傍で梅まつりの準備をしていた職人たちもそうだ。
本殿の前を横切る時にヘルメットまでは取らずとも、キチンと一礼して通り過ぎてゆく。そんな光景を見ていて、きっと地域での信仰の篤い神社なのだと感じた。
  
   
人であれ、土地であれ、物事であれ、好きになってしまえばその対象をより深く知りたいと望むのは当然の事だろう。わずか一年余りの期間で三度目となるこの街。神社のHPにも載っていないこの一日と十五日のこの神事。
偶然とは言え、僕はその日この街に居て、何も知らずにここに来た。
これもまた偶然手にした二本の笹枝を持ちながら再び裏門へと向かう。ここから出る人が皆そうしていたように一礼のあと、
てんじんさんに地元言葉でお礼を言って裏門を後にした。

 

説明が遅れてしまったけれど、『いっぴ』とは僕が以前身を置いていた業界用語で一日の事。
そこでは二月ついたちとは言わず、二月いっぴといった具合だった。

 

 

 

 

 

 

 

|

« 人間の英知と能力 ((-続)  南へ550mileの街へ) | トップページ | 雨水も過ぎた頃 »

scenery (過ぎてゆく眺め)」カテゴリの記事