« 曼珠沙華の咲く候 | トップページ | 360mile 離れた北の街のこと »

2018年10月10日 (水)

Wind・・・ココロの中を吹き抜けて行った風のこと

18100101

 

風には確かに色がある・・・。
これはずいぶん昔のことだけど、偶然耳にしたラヂオで誰かが云っていた話。当時まだ社会に出てさほど時間の経っていなかった僕は、それは歌の文句か何かの話でそんなバカな事はあるものか!と思った事を覚えている。理数系の学校を卒業して、すべて計算上の世界で生きて(仕事)いたからだろうか。風と言われても風車を廻すような物理的な空気の流れである風とか、視覚的な趣を持った草木を揺らす風ぐらいしか思い浮かばなかった。
 
 
ここで映画のような表現をすれば、『それから十年以上の歳月がながれて・・・』とった具合。
 
  
時の流れというのは視野をグッと広げてくれたし、視力すらよくなったのかも知れない。
その頃には”風”というワードに感じるものは、以前の二つだけではなくて様々な意味合いを知っていた。予感や変化、柔軟性とか未来や時の流れ、風習や習わし、そして旅立ちの合図だったりもする。風はいつも新しい季節の訪れを教えてくれるだけではなくて、そっと背中を押してくれたり、何かで行き詰った時にフッと気分を変えてくれることもあるし、気になる人の消息をそっと届けてくれる。

 

18100102

 

***

 

ピーター・ポール&マリー。
彼らの楽曲は小学校の高学年の時、従姉妹の影響で聴き始めた僕にとっては初めての洋楽だった。
中学の時には英語の成績はまるっきりダメだったけど、危なっかしい発音で歌えるようにもなっていた。
  
それからまた長い年月が流れ、家の中にP・P・Mの曲がリコーダーの音色で流れていた。当時中学生だった次男に、お前が何故この曲を知っているのか?と尋ねると、今度の課題曲なのだと音楽の教科書を見せてくれた。あの時の嬉しいような、懐かしいような、随分と齢を重ねてしまったような、妙な気分はいまでも良く覚えている。
ヴォーカルのマリー・トラヴァースが他界したことを知ったのは、それから間もなくの事だった。

 

Blowing in the Wind   (邦題:風に吹かれて)      - Peter Paul & Mary-

 

 

 

 

 

 

|

« 曼珠沙華の咲く候 | トップページ | 360mile 離れた北の街のこと »

記憶のFilm」カテゴリの記事