« 夏の幻影 - 2017 | トップページ | 2000kmの非日常(2/4) キタ と ミナミ と 新世界 »

2017年10月14日 (土)

2000kmの非日常(1/4) 洋上の海風

17100101

 
『来月、大阪に行こうと思っている』、こう話を切り出したのは友人達との宴席での事だった。
案の定みなの反応は距離を勘案してのことだろう、仙台から飛べば一時間とか、新幹線でも半日で着くな・・・というものだ。そこで仙台港からフェリーにクルマを積み込み名古屋港で陸揚げ、そこから陸路で大阪入りの予定なのだと手短に往程を説明した。
それっていったい何時間かかる?とみなが口をそろえる。船が二十二時間で名古屋から大阪まで二時間だから、ちょうど二十四時間をかけて約一千㎞の移動をするのだと答えた。
 
 
昨年のちょうど今頃は北海道への旅だった。
いま思い返してみると何のことはない日本海と太平洋の船旅を愉しみたかったと言うのが本音に違いなかった。往路は新潟~小樽、復路は苫小牧~仙台という天候にも恵まれた最高の船旅だった。そんな事を思い返しても北海道では天候にも恵まれなかったし、ただ目的地の苫小牧に向けて札幌~旭川~美瑛~富良野をただ駆け抜けたという感が否めないだろう。
ちょうど一年まえ、苫小牧から仙台まで僕ら運んでくれたこの”いしかり”という船。
午前十時に仙台港入港後、三時間程で今度は名古屋へ向けての出港となる。昨年はここで下船したのだけど、今回はこれからの行程の起点となる。

 

17100102

 

福島県小名浜沖あたりで船内アナウンスが流れる。
昨夜七時に名古屋港を出港し、仙台港へと向かう姉妹船と間もなくすれ違うのだという。両船とも汽笛を鳴らし合い、乗客同士が手を振り合うのも船旅ならではの光景だろう。これを反航ということも今回初めて知ったのだった。
クルマで旅をする者にとって長距離フェリーの船倉はまさに宿の駐車場。それこそエンジンを切ればまさに本日の業務終了といった具合なのだ。前回この船に乗り込んだのは夜だったから、満天の星空と左舷の水平線から昇る太陽を堪能したものだった。この船で初めて体験する午後の微睡のような、ゆっくりと流れる何もしないという贅沢な時間。柔らかな日差しとピアノとヴァイオリンの音色が心地良い。時折、スカイデッキに出てみれば刻々と変わる水平線の表情や、そこを渡ってきた海風が酔った頬をクールダウンしてくれる。さまざまな出会いもあり、まさに日没まで過ごしたこの右舷のラウンジは最高の場所だった。

 

17100103

 

琵琶湖よりも西に行ったことのない僕にとっては、名古屋という上陸地点も魅力的だった。
今回の行程で京都をスルーしたのは、またこの航路でここに来るという根拠のない確信のようなものもあったから。関西への拠点としてはもちろんの事、少し足を延ばせば淡路島を渡り午後二時頃には四国に入り、大鳴門橋から鳴門の渦潮を見下ろす事も可能なのだから。それにこの二十二時間の船旅がセットとなれば、僕にとっては文句のつけようがない基準ルートなのだ。

 

 

***

 

僕がフェリーに憑かれたのはちょうど二年前。
静岡のロダン美術館から伊豆の宿へと向かう途中だった。三保松原は時間がないのでパスするにしても、清水港は通過点に選択した場所のひとつ。宿のある伊豆・土肥港までのフェリー路線があるのは知っていたけれど、乗る気もなかったので時間などは調べもしていなかった。けれど埠頭にいた大きな白い船体はなぜか魅力的に僕の目に映ってしまった。駐車場の係員の人に予約をしていないが、乗れるのだろうか?と訊いてみると出向10分前だから大至急乗船手続きするようにと言われた。
慌ただしく船倉にクルマを積み込みデッキに出ると同時に船が動き出す。少しづつ離れてゆくターミナルを眺めながら途中のコンビニでコーヒーでも、と考えた事を思い出していた。如何せん内陸育ちの腑性からだろうか、折角だから海を見ながら飲みたいと思ったことがいまこうしてデッキで全身に海風を浴びることになっている。旅先でのこんな些細なタイミングというのも面白い。土肥港までの僅か一時間程。この初めての光景がフェリーに憑かれた原点になっている。左を見れば富士山、右を見れば駿河湾を経て太平洋、そしてずっと見とれていたのが、船尾に沈む夕日と航跡に煌くみなもだった。港からわずか数分程度、宿の駐車場で先ほどの光景を思い出していた。当たり前の事だけど土肥港に到着してエンヂンのスタートボタンを押せば、清水港で聴いていたアルバムが途中から演奏されていたし、S・Aにでも立寄ったのと何も変わらなかったのかもしれない。ただ一つ、ナビの通過点の履歴が駿河湾上で途切れていることを除いては。

17100104


 

 

 

 

|

« 夏の幻影 - 2017 | トップページ | 2000kmの非日常(2/4) キタ と ミナミ と 新世界 »

scenery (過ぎてゆく眺め)」カテゴリの記事