« 2000kmの非日常(2/4) キタ と ミナミ と 新世界 | トップページ | 2000kmの非日常(4/4) 東へと向かう 道すがら »

2017年10月30日 (月)

2000kmの非日常(3/4) この街の印象

17110101

 

誰が言ったか忘れたけれど、”見知らぬ土地でたった一人目を覚ますのは、この世で最も心地良い感覚の一つである”というのがあった。
僕もこの感覚がわりと好きで見慣れぬ天井を少し眺めたあと、カーテンか障子なりを開け、空模様をうかがいながら、本日の予定を変更の選択肢も含め再考してみる時間がいい。それからやおら出かけるのが、旅先での楽しみというか習慣である朝の散歩なのだ。などと言ってしまえばカッコいいのだけど、何のことはなくて地図を片手に、ほとんど彷徨いに近いものなのだ。
 
まだ人通りのほとんどない早朝の見知らぬ街を歩く気分は、まさにエトランゼの気分で、大通りもいいのだけどやはり路地裏が楽しい。なぜならばそこには住む人たちの生活感があり、いろいろなおもしろい物や人に出会えるから。もう二度と訪れることもないかも知れない路地や、人々の生活感との一期一会を愉しむ時間。僕のように毎日同じ環境の中で暮らし続けていると、とかく陥りそうな自分の狭い価値観とケチな思い込み。そんな井の蛙へ世の中といふ空気を送り込んでくれる、唯一のそして良い機会だったりするのだ。
 
昨夜はあれほどの賑わいを見せていた宿の前の新世界通りは、二十四時間営業の串カツ屋と釣り堀に明かりがともっている程度で人影も少なくしんとしていた。
すぐ近くには戦前から続くJyan・Jyan横丁というアーケード街がある事は知っていた。早朝という事もあり、おそらく人影もないであろう薄暗い横丁を想像していたけれどそれはまったく違っていた。ホルモン焼きのような、焼き鳥のような何かのいい匂いが漂い、そちこちに点在している立ち飲み屋の多くが営業してるのだ。通りすがりにのぞいてみると客の入りも上々で、朝メシかと思いきや、皆ちゃんとアルコールを楽しんでいる。時計を見るとまだ七時廻ったばかりの時間だった。この光景を目の当たりにして、この歴史ある横丁が一番賑わうであろう、夕方の表情にものすごく興味を惹かれてしまった。

 

宿の窓から目の前に見えていたこの日本一高いというビル。
多くのご諸兄方が知っての通り、僕は高い所はあまり得意ではないから、もちろん最初は昇ってみようなどとは思ってもいなかった。けれどもその姿を数回見ているうちに、淡いグリーンの摩天楼に見えてくるのだから、旅のという非日常のもたらす感覚も不思議なものだ。まっすぐに歩いていけば十五分程だろうけれど、筋向いに古いアーケード街を見つけてしまい結局、小一時間ほどかけてたどり着く事になってしまった。
   
この展望台は天井から床まで全面ガラス張りで、下の街並みがジオラマ模型のように見てとれる。 
それにしても慣れという脳の機能は素晴らしい。最初は怖くて窓から2m程離れて歩いていたけれど、360°の眺望を一周する頃には窓の手すりに触れるようになってきていた。

 

17110102

 

58階にはこじんまりとしたCaféがあって、数人が珈琲のかをりの中で会話を楽しんでいる。
純粋なCaféかと思いきや、メニューの中に二種類のビールがあった。先程の寄り道で少し喉が渇いていた僕はその二種類ともチョイス。昨夜訪れた梅田のビル街を遠くに望みながら、本日のオオサカ・テーマを考えていた。天気も雨が降っていることだし、昨日行きそびれてしまったとん堀界隈を彷徨いながら、”粉もんで呑む”というのがどうやら正解のようだ。

 

17110103

 

なんば駅が最寄り駅となる道頓堀へは大通へと通じるアーケードが三本ほどあり雨の日の散策には好都合だった。
中でも一番の賑わいを見せるのは法善寺横丁に通じる千日前だろう。新世界と同じように派手な看板が立ち並び、眺めながら歩くだけでも楽しい。さすがは大阪の観光地、平日というのに通りは人でごった返し、有名店には長蛇の列といった具合だ。最初はお好み焼きにするか、たこ焼きにするかと迷いながら歩いたけど、その選択肢よりも待ち時間の少なそうな店という選択肢しかないようだった。偶然見つけた空いてそうなお好み焼きの店。芳ばしいソースのかをりとふんわりとした食感、それに冷たいビールが歩き疲れた体に沁みわたる。
 
この日はまだ明るい夕方早くに新世界へと戻ってきた。
今朝ほど歩いたJyan・Jyan横丁。夕暮れ時には一体どんな表情をしているのだろうかと逸る心を抑えてゆっくりと歩いてみる。床屋に始まり、レトロなゲームセンター、囲碁将棋クラブ、喫茶店、駄菓子屋、たばこ店、衣料品店などが飲食店と渾然と一体化し、昭和三十年台から時が止まったような佇まいを呈しているのだ。
店の雰囲気を眺めるだけでも楽しくて結局、二往復もしてしまった。そして粉もんの仕上げに選んだのはこの横丁で唯一のたこ焼きの店だった。主はまだ四十代と思しき若い人だけど気さくな人で、新世界界隈に始まりとん堀の事や阿倍野筋の昔からのいろんな事を教えてくれる。今朝ほどこの横丁で見た光景を話すと、それが大阪で言うモーニングなのだと聞いてビックリしてしまった。また、そんな店は閉店も早くて午後八時頃には閉まってしまう事や、梅田もそうだったけどとん堀などでもほとんど大阪弁が聞こえてこない訳も教えてくれた。大阪弁を耳からのあてにしてカリ・トロうまいたこ焼きに、冷えたビールをお代りしながら過ごしたこの店が、一番大阪を満喫した時間のような気がする。

 

1711010301

 

初めての大阪。
宿に向かいながらまたいつか、この通りをこうして歩くような気がしていた。昨日行ったいわゆるキタは近代的で洗練された表情をしていたし、とん堀界隈のミナミはまさにザ・大阪とでもいえる場所だった。そしてこの新世界も不思議な街。下町ディープな昭和三十年台の表情もみせれば、通天閣というシンボルも持ち合わせ、とん堀にまけないサインもある。Jyan・Jyan横丁の手前の路地で見つけた近所の常連専用のような軒下の飲み屋や喫茶店。いまもレスカは健在だし、関西ではアイスコーヒーを冷コー(レイコー)と言うのをいつかラヂオで耳にした事を思い出していた。

 

1711010401

 

 

 

 

 

|

« 2000kmの非日常(2/4) キタ と ミナミ と 新世界 | トップページ | 2000kmの非日常(4/4) 東へと向かう 道すがら »

scenery (過ぎてゆく眺め)」カテゴリの記事