« 標高1,800mの避暑 | トップページ | 夏の幻影 - 2017 »

2017年8月11日 (金)

スナップ写真とモノクロ -考-

この本との邂逅は市立図書館の休館日ツァーに参加した時から、既に関連づけられていたのかも知れない。
まるで吸い寄せられるように書棚から手に取った一冊。『新スナップ写真の方法』というもので、オマケで'写真教室では教えない'という前ぶれまで付いていた。それを何気にパラパラと開いてあっ!っと思った。なぜならばそこには、僕もその場に居たならば、きっとこんなアングルで切り取るだろうなと思われる作品が、たくさん並んでいたのだから。そして著者がそのタイミングでなぜシャッターを押したのかが、僕には手に取るように伝わってくるものだった。
  
僕の外出バックは大小の二つがあって、中にはコンデジと呼ばれる小さなデジカメがそれぞれ入っている。
出先で何か気になると風景であれ、街並みであれ、Caféのカップであれ、すぐにメモ代わりに切り取ってしまう。それがスマホならば誰もがSNS用か何かだと思い何も言われないのだろう。ところがコンデジで小首を傾げながら、絞りなど調整していると「どんなジャンルの写真を撮られているのですか?」などと声を掛けられる事がある。こんな時いつも僕は答えに困っていた。なにせ本人は風景だけでもないし、静物だけでもなく、何かしらの動植物物もあれば、列車・クルマ もたまには面白いと思うし、船や飛行機などもまたいいものだと思っているのだから。
 
そして今回この本を眺めて思ったのは、僕の画はすべてスナップ写真というカテゴリに分類できるのだという事なのだ。
調べてみるとスナップ・ショットとはもともと狩猟用語での早撃ちを意味するものだったらしい。それが160年程前のイギリスの写真家がスナップショットのように写真を写すと書いた事が起源であると、今度は写真用語に書いてあった。
  
「作画」という言葉がある。
これは’撮影者の表現意図や狙いによって構図を決め、作品にする為の構成をすること’と書いてある。これは僕にとって一番キライな事で、いや、好き嫌いの問題ではなくて出来ない事と言い切れる。だから普通の人が写真を撮影すると言う事を、僕は敢て、
画を切り取ると言っているのかも知れない。
著者はまた、こう記している。
’スナップ写真とは人物の動きや表情をとらえる写真のジャンルだと解釈されているようですが、花や風景を撮るのだってスナップです’と。これは作画が出来ない僕にとっても、まさにうってつけのジャンルだと言えるだろう。

 

***

 

もう十年ほど昔の事になるだろうか、僕は単身赴任で仙台という街で二年半を過ごした事がある。
自宅に戻ってからもクルマで二時間程度のこの街を幾度となく訪れていて、いまや僕にとっては第二の故郷と言えるような場所になってしまった。そこには戦前あたりからの古い横丁が幾つか残っていて、時間があればたいていそこを彷徨っていたものだ。裏路地と言うとなんだかうらぶれたという感じがあったけれど、最近は若い人も立ち飲みでワイワイやっているのを良く見かけるようになってきた。まさにそこには人がいて街があるのだと言えるだろう。僕が裏路地で面白いと感じるようになった事は人の後ろ姿や影を眺める事。
つまり人間の物語を想像できるとかなんだとか、文学的な言葉をくっつけなくてもけっこう魅力的だったりするのだけど。

 

僕の旅先での愉しみは朝うんと早起きをしてその街を歩いてみること。
それも表の大きな通りではなく、裏路地などの生活感のある路の方がずっと愉しめる事を知っている。そしていつもの事だけど知らない路地を歩いていて角にくるたび、そこを曲がるかまっすぐ進むか迷う。十字路だったなら直進のフィーリングは当然そこに至る途中の掴んでいる訳で、後は左右の選択肢を加えるだけなのだけれど。角を曲がってみようと決めたときは、もしその先に何もなければ(興味を惹くものが)またここへ帰ってくればいいと思って曲がる。そして二度と戻らないこともあったし、またそこに戻ってくることもあった。
いつも思うけれどなんとなく人の人生に似ているような気がする。
 
 
 
モノクローム仙台:

17080101

 

17080102

 

17080103

 

17080104

 

17080105

 

17080106

 

17080107

 
 
久しぶりにモノクロの画像を扱ってみて以前感じた事を思い出してしまった。
理系の大人は4Kテレビの細緻な美しさに感動するけれど、素直な子供はモノクロ映像を見て、どうすればあんな画像が作れるのか不思議がっていた。最近、カセットテープをこれは何?と孫から質問を受けた事を聞いたけど、かたや若い人達の間ではレコード盤が再び復活してきているというメールニュースを読んだのもこの頃の事。
 
そういえば真っ赤な夕日を背景に紫の制服の金ボタンが、キラりと光るラストシーンがいまでも思い出されるのだと、しんみりと語ってくれた御貴兄がいた。
でもあの映画は確か、モノクロだったような気がするのだけど。
色が無いぶん想像と言うか、イマジネーションが広がるから面白いのかも知れない。なぜならば下の画がもしもカラー画像だったなら、見る者にそれ以上の想像を許さないのだから。
  
それにしても。
この画を見ると時々気になるのは、ご婦人の洋服と靴、それに犬の着ているシャツの色は?なのだ。そして連想するのはその時々で微妙に違う事が多い。

17080108

 

 

 

 

 

|

« 標高1,800mの避暑 | トップページ | 夏の幻影 - 2017 »