« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の記事

2017年4月10日 (月)

深山で出会った山吹色と 近頃のハード事情

17040101

 

「梅は咲いたか 桜はまだかいな・・・」 とこんな冒頭の件で始まる端唄があった。
これは花の事ではなくて、芸妓たちを季節の花々に例えて唄っていたという事を知ったのは、この歳になって恥ずかしながらつい数年前の事だった。僕の地方では降雪量が極端に少なかった昨年に比べても今年はまだ梅すら咲いていない。そんな事を話した知人が教えてくれたのは隣町(とは言っても県境を越えてしまう)でそろそろ見頃を迎えた、福寿草の群生地の事だった。
その場所は市街地から峠を三つも越えて、さらにつづら折りの狭い生活道路の奥にあった。時おり陽が射す広大が群生地を歩き回りながら愛でる春一番の黄金色。ボランティアガイドの人の解説で初めて知った事は、花は陽射しがなけれ開かない事。それから夏になると葉や茎は枯れてしまい、来年の春までじっと地下で過ごすことだ。この花の生態を知っている人には常識なのだろうけれど、初めて知った僕はビックリしてしまった。
 
  
一昨年偶然僕の手許に舞い降りた「日本の伝統色を愉しむ」という色の絵本にも、ちゃんと春の項目に山吹色=大判・小判と解説してあった。この絵本には色の名前が美しい日本語でたくさん紹介されてある。春一番のこの幸福の花を皮切りに、さぁ~て今年はどんな伝統色に出逢えるのだろうか。

 

17040102

 

***

 

近頃といってもここ数年、一眼レフのカメラを持って出かけることはほとんどなくなっていた。
理由は単純にかさばること。それこそレンズなどを含めるとそれだけで一つの荷物になってしまう。そのきっかけはと言えばそれと同じRAWフォーマットで記録できるコンパクトデジカメを手に入れたからだ。小さなショルダーバックやポッケにも入るコンパクトさと、ピンボケ以外はいかようにでも救済できる諧調の深さをもったそのデータ形式は、以来いつでも気軽に持ち歩けるという強みにもなっている。
最近のスマホのカメラは素晴らしく性能が良くて(特にi-phone)びっくりするほどきれいな絵が撮れる。
海外ではi-phoneだけで撮影し写真集を出版しているプロの写真家がいる。
写真集を見た後に彼の話を読んで納得してしまった。人々の表情が実に自然で素晴らしいのだ。彼曰く。人々にゴツイ一眼レフを向けると皆、緊張してこんな表情はしてくれないのだそうだ。やはりスマホならではの気軽さや親しみやすさがこんなステキな人々の表情を捉えるのだろう。昨今の技術の進歩はめざましく、きっと近い将来スマホでRAW形式の絵が撮れる時代が来るに違いない。
僕にとってのスマホデビューはそれからでも決して遅くはないのだろうと、強がりを言って周囲から失笑をかっているのも事実なのだけど。
  
 
 
また話が一眼レフに戻るけれど。
10mmの超広角レンズを手に入れたのはそれよりも2程前の事だったが、たちまち虜になってしまった。超広角を初めて手にする者がそうであるように、遠近を極端に強調したものや、それでなければ撮れないアングルなど、夢中になって撮りながら非日常的な視角をもたらすレンズ光学の魔術に感嘆していた。
そしてしばらくすると飽きてしまった。

それが今回、偶然持ったレンズの収納バックを持った時に感じたあの重さと大きさ。
日常の視点を超えて夢中になったあの頃を思い出してしまって、結局は連れて行ってしまった。
冒頭の縦長の絵なのだけど。
一番手前の花の上空わずか20センチのところにレンズがある。

 

 

 

 

 

 

 

|

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »