« 春待月 廿日間のカウントダウン | トップページ | 小正月といふ愉しみ »

2016年12月22日 (木)

冬至とかぼちゃと赤ワイン

16120101

 

冬 至
 
 
日南の限りを行きて
 
日の短きの至り
 
なれば也
暦便覧より          .

 

 

キリッと冷えた白を好んだ季節から、赤が恋しくなりだす長袖の季節もとうに過ぎてしまった。
僕の暮らす地方は雪国だから今頃の時期はどうしても時雨れる事が多い。一日中鉛色の空の下で暮らしていると、たまに気まぐれな雲の隙間から顔をのぞかせる、青空なり夕日が飛びきり美しく見えるようだ。けれど昨日は偶然にも一日中、快晴の天候に恵まれた。こんな事は思い返してもここ10年ほどはなかったような気がする。朝は子供のように何度も空を見上げ、昼休みは用もないのに外出して日差しを浴び、夕方には早々と暮色に染まる街並みを仕事場の窓から眺めることができたのは嬉しい限りだった。

 

***

 

例えば、良くない事が続いた後に幸運に転じる事を一陽来復と言うように。
先人はこの日を冬のどん底と思い、ここから太陽の光が復活して春に向かうと考えていたらしい。今年うまく行かなかった事もきっと来年は良い方向へ向かうという前向きな願いもこの言葉に込められているに違いない。
一年の計は元旦にあり。
これは僕が小さなころに周囲の大人たちからよく言われた言葉。いつのまにか自分がそんな歳になり、あわてて子供たちに言ってはみるのだけどいかんせん今の生活習慣と彼らの感性にはどうも響かないようだ。
子供のころの記憶を辿ってみると、日本人は正月をことのほか大切にしてきた事が思い出される。晦日になれば歳神様が降りてくる目印を立てたり、家の中に神聖な場所を作り、お供え物をしてそれぞれの家で迎える。
古来、お正月とは新年の神様である歳神様を迎えて幸運を授けてもらう大切な日。
そんな事を丁寧に説明してくれる大人たちの話を真顔で聞き流しながら、胸の中でお年玉の皮算用をしていたのは何を隠そうまだ紅顔の少年であった僕なのだった。

 

1612010201

 

この店は僕のお気に入りのワインバー。
いつもは不定期に寄るのだけど夏至のあたりと冬至のあたりには必ず顔を出す。目当てはいつも『本日の・・・(夏至は白)と(冬至は赤)』。むろんワインバーとはいっても洋酒の品ぞろえも豊富で、時おり珍しいエールビールやシングルモルトにもありつける。
この店のオーナーはkeikoさんという自らワインショップも営む女性のソムリエ。ここを会場に定期的にワイン講座も開催される。僕も2度ほど出席してテイスティングの方法を教わったり、葡萄の品種ごとの特徴も体験させてもらった。けれど、いつもどうしても覚えられないのがワインの名前だった。それをこぼすと、そんな事よりも日本酒よりもずっとシビアな、”あて”とのマリアージュを間違えなければ、それでいいのだと彼女は笑うのだけど。
さて冬至に食べたあずきの入ったかぼちゃの煮物。
普段飲みの安物(もちろんライトボディ)の赤を少し温め、ホットワインにして食べてみたらビックリするくらいに美味しいマリアージュだった。

 

 

 

 

 

 

|

« 春待月 廿日間のカウントダウン | トップページ | 小正月といふ愉しみ »

seasons (季節)」カテゴリの記事