« 676海里の非日常 (2/5) 坂のある港町へ | トップページ | 676海里の非日常 (4/5) 南の港街へ »

2016年10月31日 (月)

676海里の非日常 (3/5) 旅の好奇心といふ事

16100303

 

公共交通機関と違ってクルマという移動手段は、時間的にせよ途中の道草にせよ実に自由度が高いものだと思っている。
僕の場合は到着地点をザックリと頭の中にイメージしたのなら、どのルートを通るかはその日の天候や気分、それに直前に見聞きした事に大きく左右される。それに興味と時間があれば鍋づるのような遠回りもいとわない好奇心探求タイプなのだ。
チェックアウトの後は坂のある港街と暫らく戯れた後、好奇心レーダーの感度を最大にしてその日の宿がある旭川方面へと向かった。河口近くの石狩川と会う為に札幌市街地を抜けた頃に、この石狩平野にはそぐわないような山が視界に入ってきた。どこか人口的なかをりのするその山容は、むかし見た宮崎アニメの1シーンのような、もっと言えば幼少期に遊んだ砂場の陽だまりのような、何となく懐かしい感覚を胸の中に湧き上がらせた。
 
程なく見つけた案内標識から中に入ってみると、そこは人口の林と広大な芝地でキチンと整備された公園だった。
人工的なモニュメントはあまりなくて、なだらかな丘やサッカーコートのような四角い芝広場や、林の際と芝生の境が織りなす美しい曲線が織りなす先には、また別の山があったりして何もないけれど飽きない場所。 遠くに見える光るパイプのようなものはなんだろう?と思って芝生の上を歩き出し、気が付けば3~400m程も平気で歩いていて、僕にとっては広さという感覚を贅沢に楽しむ公園だった。

 

***

 

クルマで移動する者にとっても駅という施設は、とかくその土地のランドマーク的な存在なのかも知れない。
僕も旭川に入って一番最初に目指したのは駅で、それは偶然に駅の真ん前のホテルを予約していたからだった。僕はこの駅舎を遠目に見て、あっ!と思った。なぜならばその趣きはどう見ても新幹線仕様だったから。この春開業した新函館駅から400km以上も離れているこの都市に何故?という疑問が湧いた。それが大雪地ビールを飲みながらエゾ鹿ジンギスカンを食べているうちに、駅構内へ入って確かめたいという好奇心に変わっていった。

 

16100301

 

僕の定番である朝メシ前に出かける散歩は、駅で入場券を購入する事から始まった。
この寒さの厳しい土地柄だろうか、木をふんだんに使った内装は温かみをかんじさせる素晴らしいものだ。改札を入ってエスカレーター手前の壁面に近づくと、何やらルーバードアのように板がはめ込んであり、おびただしい人の名前が彫ってある。僕はこれは一体何なのかを知りたくなり、改札にもどって窓口の年配の駅員に尋ねると、この駅を作るために寄付をしてくれた人たちの名前なのだと教えてくれた。それも一万人分もあるという。

この名簿の中には仕事などの事情で、もうこの土地を離れてしまった人も大勢いることだろう。
そんな人達や市民が故郷の発展を願い、街の顔である駅の建設のためにお金を出す。なんと素晴らしい郷土愛なのだろうか。そんな話を聞いたら僕はなんだかこの街に親近感を覚えたし、住んでいる人たちも好きになってしまった。

 

16100302

 

僕が確かめたかったのはもちろん線路の幅だった。
新幹線と在来線ではそれが40㎝程違うことを知っていたから、エスカレータを駆け上がるとすぐにホームの下をのぞき込んでホッとした。何故ならば現在のレールの外側に新幹線用のレールを固定するためのボルトがちゃんと埋め込まれていたから。これならば新幹線の乗り入れ工事のレールの敷替えも簡単な事だろう。

 

1610030202

 

改札口を出ようとすると、先ほどの年配の駅員のが居たので少し詳しくこの駅について訊いてみた。
彼はこの駅が函館本線の終点であり、ここから最北端の稚内と南の富良野市を結ぶ路線の起点でもあることを教えてくれた。鉄道にまったく疎い僕でもこれを聞いてようやく納得した。200m近いホームに一両とか二両編成のローカル線が止まっていることも、この駅にとってはごく普通の日常風景でだったのだ。この駅まで新幹線が乗り入れると北や南からやってきた人々が札幌とか、もっと遠い本州へのアクセスがすごく楽になることだろう。
僕の街は福島駅から続く山形新幹線の一番最初の駅がある街。
そしてその利便性と恩恵は計り知れないものがある事は、誰もが認めるところだろう。そんな事情も知っているから、僕もこの街の人たちと同じく一日も早くレールの敷替え工事が行われる日が来ることを願って止まないのだった。

 

 

 

 

 

 

|

« 676海里の非日常 (2/5) 坂のある港町へ | トップページ | 676海里の非日常 (4/5) 南の港街へ »

好きなこと・好きなもの」カテゴリの記事