« 海の日間近 に想ふこと | トップページ | 処暑が過ぎた頃 »

2016年7月31日 (日)

讃酒歌

16070301

 

さんしゅか。これは昨年読んだ阿川氏のエッセイの項目で、あまりにも面白かったのでそのまま借用してしまった。
alcoholというものは普通のヒトが生きてゆくのに必要不可欠なものではないので、嗜好品という範疇に分類されるものだろう。通常の必須栄養素とは46種類だと言われているけれど、僕の場合それにもうひとつ付加されて47種類という事になるようだ。

間もなく午後五時を迎える頃合・・・
自分の一生を一日の時間に換算してしまえば、今頃はきっとこんな時間帯なのだろう。これだけ酒との時間を過ごしてみて最近思うのは、以前のような量が呑めなくなってきた事だ。とりわけ若い頃などはアルコールが入っていれば酒類は問わずで、量を競い合うように味も気にしないで呑んでいた。というよりも大脳皮質がアルコールのよってマヒするあの感覚を楽しんでいたのかもしれない。ところが近年とくに正午を回ったあたりから急に酒の味(風味)に敏感になってきた。そんな中いろいろと試しながらディープにハマってしまったのがウヰスキー(アイラ系・シングルモルト)とビール(昔ながらの上面発酵)、それに白ワイン(シャルドネ系・辛口)だ。最近の呑み方としては最初の一杯をそれら少し上等なヴァージョンでゆったりと愉しみ、二杯目からは普段飲みのものに切り替えるようにしている。二杯目最初のその一口を凌げば、以後の風味のギャップはアルコールの廻った大脳新皮質が処理してくれるからやはりありがたいものだ。

 

***

 

五時間飛んだ話がそこから更に八時間飛んで、あれは確か父親の七回忌の法要での事だった。
法要そのものに関する事は何も覚えていないのだけど、そのあと直会での事は鮮明に覚えている。それはテーブルで隣に座った
伯父のTokuさん が、まだ紅顔の少年だった僕にコップ半分程のビールを飲ませてくれた事だった。薄飴色で白い泡の浮いているその冷たい飲み物を口に含んだ時に僕は、こんなにも美味しいものが世の中にあったのかと感嘆した。いつも飲んでいるジュースや牛乳とは全くちがうその不思議な味に、未知の”オトナの世界”への誘惑というか、早く大人になってこんな旨い物を好きなだけ飲んでみたいという酒に対する憧憬が生まれた。瓶のラベルにはいわゆる創造上動物が描かれていて、あの縞馬ともつかず、ライオンでもないような動物に子供心にこれこそが、未知の大人の世界なのだと感じたものだ。
そして僕の長い酒歴がここから始まったのはまちがいない。

 

 

 

alcoholは人類最大の敵だろう。
けれど聖書は
『汝の敵を愛せ』と説いている。
フランク・シナトラ       -

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 海の日間近 に想ふこと | トップページ | 処暑が過ぎた頃 »

好きなこと・好きなもの」カテゴリの記事