« 真冬の再会 | トップページ | まるで 昨日のことのやうに (Ⅶ) 1827 days ago ( prologue )  »

2016年2月26日 (金)

絹更月の記憶

160202001

 

一年中で一番寒い今月も来週初めで終わりを迎える。
この街は累計積雪量が10メートルを超えるような豪雪地帯。けれども最低気温と言えば氷点下の一桁台前半に留まる程度で、きっと東北でも平均と言えるレベルなのだろう。そんな冬景色の中で1シーズンに一度か二度、しかも何の前ぶれもなくいきなり気温が氷点下20℃近くまで下がる朝がある。理由は大雪を降らせる寒気団とは無関係のようなので、きっと盆地という地形と放射冷却がもたらすもの。

そんな朝はきまって無風でぬけるような青空が広がっている。
顔を出したばかりの斜めの陽射しは、粉雪よりもさらに細かいダイヤモンドダストをキラキラと映し出す。細雪などは”降る”と表現しても違和感はないけれど、これはまさに空気中を舞う(漂う)美しい氷のダスト。太陽の方向に向かなければ見る事は出来ないから、朝の寝ぼけた体には体内時計をリセットする意味できっと良い事なのだ。

 

160202002

この地方の方言で寒いことを”かんじる”という。
いまの季節は夕方になると急に冷え込んでくるから、その頃の挨拶言葉は”かんじてきたなぁ~”になるし、冷え込みの厳しい朝は”今朝はかんじたなぁ~”といった具合。僕は常々どんな字を書くのだろうと疑問に思っていた。普段の会話で使っている年配の人に、どんな字を宛てるのかと訊いてはみるけども誰も知らない。僕なりに推測して、(寒さを)”感じる”のかと思えばこれは違う。なぜならば夏の暑さに対しては使う言葉ではない。結局は辞書にも載っていないから勝手に当て字ではめ込めばこんな具合だろうか。

僕が北の街で郷土料理の朝飯を食べていたのは、まだ今月の初めの事。
出発まぎわに何気なく見たクルマの外気温計は、確か氷点下5℃を表示していた。そこから遙か南のこの街が氷点下19℃という、ひどく寒じた朝だった事を知ったのはその夜の事だった。予報では来週3月に入れば気温はぐんと上がり、春めいた陽気になると言っていた。どうやら今年はこの空気と光の粒に触れることなく、冬に別れを告げることになりそうだ。

 

160202003

とても寒じた朝はこの盆地に溜まった冷気の中で、木々や街灯に付いた霧氷は昼頃までは融ける事はない。

<6/6>

***

***

***

***

***

***
  

 

|

« 真冬の再会 | トップページ | まるで 昨日のことのやうに (Ⅶ) 1827 days ago ( prologue )  »

scenery (過ぎてゆく眺め)」カテゴリの記事