« 1,000哩の非日常 (2/4)  南の繁華街へ | トップページ | 1,000哩の非日常 (4/4)  北の城下町へ »

2015年11月20日 (金)

1,000哩の非日常 (3/4)  東の美術館へ

15110301

 
宿での朝メシもそこそこに、珍しくわき目も振らずやって来たのが県立美術館のこの部屋だった。
強い傾斜と水平部が何度も訪れる小高い丘の上にあったのは、広々とした階段を裾野に持つスクエアな印象のこの美術館。大方この類の建築物はすぐ傍に広い駐車場が併設されているものだけど、素晴らしい造りだなと思ったのはそれが道路向かいにある森の中に隠してあることだ。バスなりタクシーでやって来た人たちは裾野端のプールで降りると、無粋でカラフルなパッチワークを目にすることなく、途中のモニュメントや四季おりおりの草木を眺めながらエントランスへと吸い込まれて行くことだろう。
2Fのチケット売り場の卓上インフォメーションスタンドに書かれてあったのは”ロダン館のみ撮影可能”という文字。僕は思わず売り場の人にコレ本当ですか?と訊いてしまった。彼女はロダン館だけですがご自由にどうぞと満面の笑みで答えてくれていたのだろうけれど、お釣りを受け取るのももどかしく再び森に向かったのは言うまでもない。
入り口では無料の音声ガイドはどうかと親切に声を掛けられた。なるほど展示室にはとかく付き物の作品の解説パネルはほとんどなくて、台座とか床に書いてある番号を押すだけで作品の解説が聴ける便利なものだ。おそらくそれを聴かなければ、いまだに僕の中で彼の作品における表現の幾つかは誤解したままになっていただろう。途中で至福の昼メシを摂ったりしながらかれこれもう4時間近くが過ぎていた。

***

  
美術館から清水港に向かったのは三保の松原のすぐ近くだし、もしも富士山が見えればフェリーで駿河湾を渡りたかったから。
けれど肝心の富士山も見えないことだし、三保の松原に降り立ったなら東名に乗ろう思っていた時に見つけたフェリーの看板。天気次第と言いつつも出航時間すらメモしていなくて、どんな埠頭だろうと中に入ってみるとクルマが並んでいてこれから出港する様子だった。入り口にいた係の人に予約していないが乗れるだろうか?と尋ねると、出港15分前だから、急いで手続きをと済ませるように言われた。三保の松原は何処かに飛んでしまったけれど何という幸運だろうか。
   
この日の宿は西伊豆の土肥に取ってあって、この場所との位置関係は一言で言えば弦鍋のようなもの。フェリーだとまっすぐ土肥港に行けるのだけど、陸路は鍋の弦のようにぐるっと駿河湾の縁を廻らなければならなかったのだから。美術館での軽い疲れもあって陸路の半分の時間で土肥に着けるフェリーは実にありがたかった。
周囲360度を海原に囲まれるこの感覚は三年前に飛島に渡って以来のもの。もともと客室で過ごす事を好まない僕はデッキで海風にカラダを曝しながら水平線の眺めを愉しんでいた。船が湾の中央にさしかかる頃に、十分いやほんの数分だったかも知れない。やにわに雲が切れて富士山が姿を見せてくれたのはこの日三度目の幸運だった。
   

15110302



海上国道は知っていたけれど、海上県道は初めてだった。
一桁や二桁の国道は重要な道路として国が直轄で維持補修の管理をしているけれど、三桁の国道管理者は都道府県となる。
(※三桁国道でも特に重要なものは例外として国の直轄となるものもあるのだけど)
この223号線も観光地らしい粋な条例で生まれた県道なのだろう。
そう言えばだいぶ前の事になるけれど佐渡に渡る時に埠頭に描かれた国道を見た事があった。標識もちゃんと立っていてセンターラインや外側線も引いてあるのだけど、それが岸壁でプッツリと切れてその先は海だった。
この事を当時はまだ建設省の知り合いに尋ねたところ、国道は必ず国道につながらなければならない決まりらしく、行き止まりの国道は存在しないとの事。その時教わったのが海上国道(一般的にはフェリー航路)だった。佐渡に道路をつくればただの県道か市道になるわけで、こうしておけば国道と認められて建設や補修の予算も十分に付くのだと教えてくれたっけ。


***

***

***

***

***

***
  

 

|

« 1,000哩の非日常 (2/4)  南の繁華街へ | トップページ | 1,000哩の非日常 (4/4)  北の城下町へ »

好きなこと・好きなもの」カテゴリの記事