« Wind from the North 2/3  ( into は イーハトーヴ ) | トップページ | Wind from the North 番外編  ( 土地の風土と気候が醸すもの ) »

2015年7月27日 (月)

Wind from the North 3/3  ( W to SSE  夏に吹いた北風の通り道 )

15070301

 

宿泊を伴う旅において、その日一番最初の愉しみは早朝の街を歩いてみること。
持ち物はといえば地図とわずかな小銭が入った小振りのバック。それから興味を惹かれれば、地元の人ぐらいしか通らない路地裏にどんどん入り込んでいくので、あまり怪しいいでたちでないほうが都合がいい。残念ながら開運橋は塗装工事中で見ることは叶わなかったけれど、そこでこの北上川と岩手山には会うことが出来た。僕の街にも同じように川と山があって好きな景色の一つなのだけど、この街に長く暮らす人たちにとってもきっと、原風景といえる眺めのひとつなのだろう。この場所に着いた時は下の遊歩道には散歩やジョギングの人たちしかいなかったけれど、大きなバックを抱えたサラリーマンと思しき人たちが急に増えだしてきた。そうなのだ、ここは盛岡駅のすぐ前で、しかも週明け月曜日の朝だった。

 

この盛岡は僕にとって二度目だけど、”旅”という事においては初めての街というケースがほとんどだろう。
そしてこんな愉しみを見出したきっかけは四・五年前に、フトしたことですっかり味をしめてしまった一人旅に出はじめてからで、以来ずっと続いている早寝の習慣がある。晩メシから戻っても特にテレビを見たりすることもなく、その日の移動ルートを思い返しているうちに眠りに落ちてしまう。その時間帯のほとんどが21時台前半で、いままで時計の針が22時を指すのを見たことがない。
”見知らぬ街でひとり目を覚ますのは、もっとも心地良い感覚のひとつである”という言葉がある。それでなくても旅先では早く目が覚めがちなもので、その感覚を十分に堪能してもいつも朝メシまでの時間を持て余していた。三度目ぐらいの時だっただろうか、好奇心の誘うままの寄り道をしすぎて、宿に着いた時にはすっかり日が暮れていた時があった。晩メシを食べに出た繁華街の印象だけで眠りに就き、翌朝窓を開けてみるとそこには昨夜とはまるでイメージが違う穏やかな街並みが広がっていた。この場所はまたやって来るかも知れないし、もう二度と訪れる事がないのかも知れない。そんな旅先であるという主情的な気分もあってか、僕にとっては旅先で一夜を共に過ごしたAmantのようなものにさえ思えたものだった。目覚めてからその土地を出発するまでは長くても3時間ほど。ノーメイクの素顔を少しでも知りたいという好奇心が半分で残りは愛着(愛情)だったりする。

 

一人旅と言えば好んで出かける人と、絶対に嫌がる人にと好みがキッパリと二分されるようだ。
僕の場合はもちろん前者で自分の都合の良い日程で、臨機応変に行動できることが一番の理由だろう。同行者に気を使う必要もないから、昼メシの場所や・時間も自由だし、興味のあるところではじっくりと時間をかけられる。それに一人だとおのずと地元の人とかに話しかける事が多くなって、普段の僕ではまず考えられないこの積極性が、見知らぬ人や風景との出会いをもたらしてくれているような気がしている。割りにおひとり様を好む僕の原点は元来、平日が休みなのでそれに起因している部分が大きいようだ。平日は何処に出かけてもあまり込み合う事はなくてゆっくり出来るという利点もあるが、大好きな美術館はハッピーマンデーに縋るしかない。

 

15070302

  
  
僕の旅のモットーは基本的には往路と復路は同じ道を通らないこと。
国道から小岩井農場までの道のりもそうだった。まずは地元の人しか通らないような狭い道の先で待っていたのは、きっとガイドブックにも載っていない北海道のような広大な草原の先に聳える岩手山だった。

話はまた変わるけれど。
長いにしろ短いにしろ時間というものは対象が同じでも、見る者の視点を変えるもののようだ。以前は小首をかしげた斜め正面のアングルが一番美しいと思っていたけれど、今回の僕は少し愁いがあるような姫の横顔にすごく惹かれてしまったのは何故かしらん?。
  

 



Swing Out Sister   ' Now You're Not Here '   
(Summer ran through)


***

***

***

***

***

***

|

« Wind from the North 2/3  ( into は イーハトーヴ ) | トップページ | Wind from the North 番外編  ( 土地の風土と気候が醸すもの ) »

好きなこと・好きなもの」カテゴリの記事