« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月の記事

2015年1月31日 (土)

冬の真ん中にて

150102

 

















 
 

  
凛と張りつめた朝の冷たい空気が陽ざしと共にゆっくりとほどけてゆく。
この真冬特有の感覚の中、シンとするという表現すらそぐわない程の静寂の中に身を置くと、無音の中に微かに自分の拍動がきこえてくる気になってくる。これは雪の吸音効果がもたらす雪国地方特有の静けさなのかも知れない。以前の記事にも書いたのだけど今年の冬(降雪)はひと月程早く始まった。ついこの間お正月を迎えたと思ったら明日からもう2月だけど、この冬の感覚からすると3月でもいいような気分にさえなってくる。僕の感覚から言えば本格的な冬は1月と2月で、3月の声を聞けばもう、多少吹雪で天気が荒れても楽勝ムードでやり過ごせるから。

 

こんな事を書いていると僕は本当は冬嫌いな人間だと思われるのかも知れない。
確かに寒すぎるのはあまり好きではないけれど、陽ざしと雪が時おり見せてくれる表情は好きだし、なにより雪景色というのも実に美しいと思っている。けれども今年はいつもの冬と違うように、僕の捉えている冬がいつもとは何かが違うような気がして仕方がない。いつも朝の雪かきをしながらそれが何なのかを考えるのだけど、それが終わる頃には気のせいだろうという結論で自問に蓋をしてしまう。こんな事を繰り返しながらきっと春を迎えるのだろう。いままでも、これからも幾度となく繰り返されてゆく四季の移ろひ。そのなかで自分が体験できるのはほんの瞬き程の時間だけ。

 

今のモノクロームの季節はこれから動植物が謳歌するための大切なリセットの時間。
いまは冷たくて暗い雪の下でただ、ただ眠って目覚めの時期を待っていることだろう。そんな事を考えていたら、その冬眠の感覚っていったいどんなものだろうと想像してしまった。これから訪れる3シーズンをどんな風に過ごそうかなんて考えながらの眠りというものは、まるでイヴの夜か、大晦日の夜のような期待に満ちた心地よいものなのかもしれない。

***

***

***

***

***

***

|

2015年1月15日 (木)

Nostalgia (3/3)

150101

 








 
  

















 
フィリス・セロー
 
 

  
 
昭和。。。なかでも青春というひと時はほとんどの人がノスタルジーポイントとして挙げるのではないだろうか。
これはその時期を通りすぎた僕らが思える事であって、いまはただ目の前に洋々とした時間が広がる世間という海原に漕ぎ出したばかりの彼らにとっては、到底理解は難しい事。僕には初詣という習慣はないのだけども機会があれば、神社仏閣には参拝するのは好きな方。この正月に長男と呑んでいて初詣の話になった時にハッとした。実はここ数年この二人とは一緒に初詣に行った記憶はなくて、その作法を教えていなかった事に気が付いた。
試しに参道に入ったらどう歩く?と訊けば普通に歩くと答え。水場での禊の仕方は?と訊けば、みそぎって?知らねぇ~と一蹴されてしまった。この絵はこれはではいかんと思い、次の日の昼に彼らを初詣に誘い出した時のもの。参道の真ん中は神様の歩くところだから参拝者は端を歩かねばならないのだとか。禊の仕方、それに重要な最後の柄杓の仕舞い方。それに一番スタンダードな参拝のスタイルである二拝二拍手一拝。これについても二拍手のあとに、仏を拝む(願いを込める)ような間を置いてはいけない事などは教える事が出来た。しばらくは彼らにとっての初詣はデートの口実でしかないのかも知れない。
けれども何時か、神といふ寄る辺を見つけた時に思い出してもらえばいいのだけどと願うばかり。

彼らのぎこちない参拝を見ていて思ったこと。
それは僕がどんな親父として映っているのだろうかということだった。つまり僕が経験していないことを彼らは経験している訳で、僕の場合は卒業後の進路など母親に相談しても仕方のない事だったし、どうするかは自分で決めなければならなかった。
以前僕はサラリーマンという職種だったけど、組織というものに何とも馴染めなくて思い悩んでいた。それを我慢して勤め上げて定年を迎えた後の自分に対して我慢できなかったというのが真実なのかも知れない。
そんないきさつがあって今の僕は自営業を生業としている訳だけど、最近息子たちの身の振り方の話題になって周囲の人からは後を、継がせないのかもったいないと言われる事がある。親父も自営業というジャンルの仕事をしていたのだけどきっと僕自身に世襲とか跡継ぎとかそんな概念を持ち合わせていないから思わない事なのだろう。
いま彼らを見てて思ふこと。僕の親父が幼少期に他界していなければ、きっと後を継ぐ、継がないで衝突していたに違いないという事だった。やもすれば僕の方が家出(出家)していたかもしてれない。聞き及ぶ範囲では父子の確執はそうとう重篤なものであり、また絆の強さも素晴らしものらしい。

僕の中で彼らに対する想いというか根底にあるものは”どちら様も人生一回限り”。
自分自身がそうしてきたからだろうか、自分の人生なのだから自分の思った通りに好きな事をやればいいだろうと思っている。そして青春というノスタルジーの中に思いだしたことは、何をしても人生で無駄な事(時間)はないのだということ。またその洋々とした青春といふひと時の時間の中でならいくらでもやり直しが利くことだ。
   
うら若き僕にこんな様々な世の中のお作法を教えてくれたのは、ほとんどがもう逢えなくなってしまったむかしの親父の取り巻きの人たちだった。

 

今回はだいぶ本題から逸れてしまったけれど、最後にこの曲で締めくくろう。

***

ノスタルジーで思いだしたこの曲。

ボーカル・・・抑制の聴いたビヴラート。  それにギター・・・この哀愁をおびた弦の響き方。

それらの構成要素の全部が僕のノスタルジーといふ、海馬のスゥィートスポットを直撃してしまう1曲。

 

ちあきなおみ 黄昏のビギン

 

***

***

***

***

***

***

|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »