« 北からのエトランゼ (3/3) | トップページ | Nostalgia (3/3) »

2014年12月30日 (火)

師走の文章

141202

 





















 
 

  
それは12月という月が一年で一番強く幸せを感じる月だと思っていたこと。
僕自身小学校一年生の時から母子家庭で育ったからだろうか、子供心にそんな想いが強くてこの月の来月を夏休みが終わった途端に待ちわびていた。まずは冬休みの開始を告げる終業式にはじまりクリスマスにお正月。昔はイヴはそんなに盛り上がる事もなかったらか本当に25日は楽しみだった。そこから大晦日までの師走の日々はまさに14番目の月とか土曜日の夜のようなワクワクした楽しい気分で過ごしていたものだ。

***

 

  
『今年の師走が運んで来たのはまるで季節をひと月間違えたような深い雪と寒さだった。12月としてはあり得ないようなこの雪の量と寒さは、冬至を待ちわびていた僕の心に一陽来復といふ言葉を深くゆっくりと沁みこませてくれる。
ライトを落とすとブラインドの隙間から洩れる雪明りと、柔らかい光が時おり揺らめくなかでお気に入りのショットグラスとともに記憶の旅へと出かけてみる。その時々のシーンを辿りながらことし出逢えた人や笑い声、風景やその時の風の匂い、味覚や香りなど、それら一つひとつを想いだしてみる。琥珀色のグラデーションの中からバルーンのように浮かんでくるのは、けっしてすべてが愉しいことばかりではなかったけれど、それは後悔とか感傷とか言うようなネガティブなものではなく、日だまりの中で遠い昔のアルバムをゆっくりとめくるような穏やかな感覚だった。もうだいぶ短くなったキャンドルが時おり揺れるのを見て、この前倒しの真冬のさなかに僕はようやく気がついた。自分の中にまぎれもない夏が存在するのを。』

 

 



Procol Harum       'A Whiter Shade Of Pale'        1967

 

 

***

***

***

***

***

***

|

« 北からのエトランゼ (3/3) | トップページ | Nostalgia (3/3) »

scenery (過ぎてゆく眺め)」カテゴリの記事