« 北からのエトランゼ (1/3) | トップページ | 北からのエトランゼ (3/3) »

2014年11月30日 (日)

北からのエトランゼ (2/3)

14110301

 































 
ギルバート・ケイス・チェスタートン
 
 

  
 
多くの観光地と呼ばれる場所がそうであるように、見て廻るためのいわゆる順路のようなもが自然にできていることがある。
それはちょうど地方の美術館ではめったに見る事ができない、たいそうな企画展の展示室入り口の光景に似ているような気がする。広々としたその空間のなかで人々は壁づたいに、その順序に沿うように粛々と見て回るのだけど、間に挟まっているものの中にはあまり興味のわかないものがあったりするもの。別にそのまま流されて見てみてもいいのかも知れないけれど、僕はすぐにショートカットをしてしまう方で、その分ほかの興味のあるものを探したいと思うようなタイプだったりする。
それと同じように、皆がこぞってくるまを停める展望台。ここにその場所が作られた理由が示すようにここからの眺めもいいのだ。けれどもMt.Fujiが僕だけに特別な表情を見せてくれるこの場所が好きだ。山をやる人なら分るだろうけれど、独立峰というものは近づけば近づくほど、稜線が穏やかに見えてくる不思議さがある。この場所を見つけたのはもう20年近くも前の事で、以来3回ほど訪れているけれどこんな季節は初めての事だった。

***

  
僕を良く知る人にはビックリされるのだけど、こと”旅”に関しての行動計画はあってないようなもの。
何故ならば綿密に見る場所やそこまでの移動時間も含めた滞在時間などを、事前に計画しているような印象を受けるらしいのだ。以前はそんな事も試みた時期があったけれど、いかんせん知らない場所での行動計画。結局は面倒くさくなり”行ってみなけりゃ分らんだろう!”でいつも途中で投げ出していた。だから近年は最初に宿泊地だけを決めて、その通過点上にあるザックリと○○方面といった程度のスケジュールで出かけるのがほとんど。そんな中にも特に興味を惹かれる必ず寄りたいコアはある訳で、その順番を握るキーは天候だったり現地の混雑具合だったりする。また時には好奇心のアンテナに引っかかるものがあって全く真逆の方向に向かってしまったりして、その後の時間のつじつま合わせで苦労したりする気ままな旅が好きだ。

 

14110302

***

***

***

***

***

***

|

« 北からのエトランゼ (1/3) | トップページ | 北からのエトランゼ (3/3) »

好きなこと・好きなもの」カテゴリの記事