« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の記事

2014年10月21日 (火)

Nostalgia (1/3)

141002

 




























 
 

   
秋も深まってくると、時折おかしな感覚を覚える瞬間がある。
しとしとと冷たい雨の降る日や夕暮れ時などに、なんの前触れもなくいきなり海馬が”ツン”とするようなあの感覚。
それを感じると思わず反射的に遠い目をしてしまう。人はそれをノスタルジーと呼ぶようだけど少なくとも僕にとっては、そんな高尚な言の葉で表せるようなものではないような気がしている。少なくともその言の葉から連想されるものは人それぞれだろうし、またそれを呼び起こすきっかけもいろいろあることだろう。僕の場合は主観的感覚なのだけども、その根底にあるものは一種の喪失感のようなもの。その失くしてしまったものとは一体なんなのだろうかと考えてみると、それはたぶん幸福を感じていた頃というか時間のようなもの。
だからといって今が不幸とかいうのではないのだけど、明日の我が身とかを心配する必要のなかった頃(つまり不幸という事態を知らなかったころ)の記憶の光景が多い気がするのだ。いずれにしてもノスタルジーを感じる(事ができる)という事は幸せな記憶がある証拠なのだ。

***

神が創り賜うたおそらく最高傑作である、ヒトというユニット(構造体)。
その中でも海馬はきっと神の遊び心で、その脳内での位置が決められたに違いない。
なぜならば色や音や感覚、そして匂ひ、味などを感じる感覚器の矢状方向の交差点なのだから。

 



"Now You're Not Here"  by Swing Out Sister

***

***

***

***

***

|

2014年10月 5日 (日)

Blue ++

141001

 

 
























 
 

   
これはアンディー・マティスというフランスの画家が遺した言葉。
そして僕の一番好きな色はこの青なのかも知れない。それもターコイズブルーとかピーコックブルとかの明るいものではなくて、藍色に転んだような深い青が好きだ。そんな事を考えてみると、いつも僕の心のどこかには必ずこの色が挟みこんであって、無意識のうち視線の中にその色を探しているのではないかという事に気が付いた。

例えば休日の空の青は小さな旅へと誘うし、その先にある凪いだ海の蒼は孵ったウミガメがたどりついたような深い安らぎを感じる。それにメールが普通になった今では忘れかけてしまうけれど、懐かしい人の手紙のインクに感じるのはほんの少しの感傷のような切なさだったりする。

僕の中での青というイメージは”メランコリック”だったり、また”センチメンタル”だったり、そして”ロマンティック”だったりと、そんな感情と結びついている色なのかも知れない。そしてそのグラデーションの中に感じているものは一種の贅沢のようなもの。なぜならば必死な時にはたぶん味わえない感情だからだろう。こんな事を書いていると3年ほど前に美しいBlueを観た事を思い出した。それは修復を終えて本国のオランダに先駆けて公開された「フェルメールからのラブレター展」でそれも『手紙を読む青衣の女』は日本初公開だと書いてあった。
そこで初めて実物を見た有名なBlueは鉱物由来の岩彩は、ハッっとするほど美しく、心に沁み入る青だった。

***

***

英語では blue rose と言えば不可能を意味する言葉。
どうやら青い薔薇はあり得ないという事のようだ。最近は化学の力を借りるか、画像の中では作れるようになったようだけど。

Blue_rose_01

***

***

***

***

***

 

 

|

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »