« 明治のかをり | トップページ | まるで 昨日のことのやうに (Ⅴ)  »

2014年6月27日 (金)

方言といふ language

160603

山の都と書いて”やまと”と讀む。
これは15年程前のことだけどこの地を初めて訪れた時に知った事で、日本語ならではの様々な読ませ方のあるなかでも、実に美しい地名だと思った事を良く覚えている。読んで字のごとくそこは山と川面が美しくて、そして蕎麦が有名な静かな山あいの町。
また5年後には同じ福島県内で仕事で14か月程通った場所が”佐倉”(さくら)という地名だった。
その現場に赴任したのはちょうど桜が咲くころの事で実に粋な地名だと思ったものだ。そういえば長野県にも僕の好きな(美しい)地名がいくつかあって、それは安曇野や小諸、それに蓼科とかの事なのだけど。これは僕だけの解釈かも知れないけれど、その土地の名前を見聞きしただけで、音楽と同様に浮かんでくるシーンがある。

***

連休を過ぎた頃から . できるだけ見ている番組で耳にした .   ”方言”というキーワードが頭から離れなくなっていた。それは避難生活という特異的な環境の中での地域の結びつきに果たす大きな役割の話だった。
この土地にも同様に方言という言葉が存在しているのだけど、最近は若い人がほとんどそれを使わなくなってきているのはたぶん他の土地と同じ現象だろう。最近はその方言を”標準語で言うとこうなる”との解説書も出ているようだけど、方言だけでの会話だけが持つ
標準語には翻訳(コンパイル)しきれない、細かなニュアンスなどが失われてゆくのは仕方がない事なのかも知れない。

この地方の代表格は(おしょうしな)=”ありがとう”だろう。
それに(し)を付けて(おしょうしなっし)となればより丁寧な感謝を込めた表現になる。そんな事はもちろん解説書には書いてないし、会話を交わした当人同士だけが感じ取る微妙な解釈のニュアンスの問題なのだ。
(ぶちょうほう)は方言と言えるか分らないけれど、”ごめんなさい”とか”失礼します”とかで使うのだけど、それに(な)をつけて(ぶちょうほな)となれば、丁寧+いきなり過去形に変身したりする。例えば『このあいだは留守にして、ぶちょうほな』と言った具合だ。
それから方言が持つ大切なもの。
空気読めよなぁと同じように標準語ではニュアンスが表現しきれないものも多い。この地方でいう(さすけね)は標準語で言えば”大丈夫”と書かれているけれど、使われる意味はそれとは少し違い・・・日本語では適当な言葉が見つからない。しいて言えば英語でいう、ノープロブレム が一番近いような気がする。
これは聞いた話だけど、上京した人が都内の電車の中で他人の靴を踏んでしまい・・・思わず口からでたのは『あっ!いや、ぶじょうほう』・・・・踏まれた方も反射的に『いや、さすけね』と答えて二人で大笑いしたという微笑ましい方言の架け橋。

これと同じように僕も暮らした宮城県にも、標準語でのニュアンス表現が難しい、(いずい)という言葉がある。標準語では”しっくりこない”と訳されているらしいけれど、方言を使う人たち同士で交わされる『いずいなぁ~』とか『いずいずぅ~』の持つニュアンスはさすけね同様、会話している人たちにしか分らないものなのだ。

***

***

***

***

|

« 明治のかをり | トップページ | まるで 昨日のことのやうに (Ⅴ)  »

きづきの扉」カテゴリの記事