« 「毒・薬」礼賛 (2/2)  毒の蠱惑(こわく) | トップページ | 若かったと いふ事 »

2014年5月22日 (木)

ロンリーといふ愉しみ

14050301

サラリーマンを辞してから休日はごく当たり前に平日というパターンの生活となった。
最初はすごくぎこちなかったその感覚はきっと心の奥底にしまい込んだ、会社員という職種への未練心みたいなものだったのかも知れない。僕には平日が休日の友人はいないから、出掛けたり昼飯を食べるのも必然的にお一人さまとなる訳で、最初は少し寂しかったものだけど、いつしかその中に自分だけの愉しみも見出すようになった。それは”知らない・・・”とか”初めて・・・”とかが好きになってきたこと。
好奇心のレーダー感度を最大限に上げて鉄の馬を走らせていると、その場所で偶然に目にしたほんの些細な光景やなんかが心に引っかかったりする。そしてその街なりに降り立ち、路地を歩いてみると初めての場所なのに、なぜだか奥へ奥へとグイグイ引き込まれていったりする時がある。一人旅とまではいかないけれど、僕は普段からこんな自由気ままな行動をとることが多いから、やはり人に付き合わせるよりは一人で行動する事が好きだ。知らない場所で知らない人と出会い、自分では想像もつかなかった見聞をするとこれまで思い悩んでいたいろいろな事が、ほんのちっちゃな事に思えてきたりするときがある。だから今までも、これからも、初めて訪れた街の知らない路地を歩いてみるというのは一番好きな遊び。

***

ネットインフラが整備された現在では、その地に実際に足を運んでみるという事が蔑(ないがしろ)にされているような気がする。
新聞なりTVの記者が仕事として現地に足を運んで、そこに寝泊まりして記事を書くのとは訳がちがい、HPを見ただけで現地を実際に訪れた感覚になり、そこを丸ごと理解したつもりになっているだけならまだ無害だけど。それを人に勧めるのはどうかな?と思うシーンに出くわした事がある。HPだってWebデザイナーの腕次第でいくらでも見栄え良くつくれるものだから。

冬の海岸線を北に向かっていた時のこと、遠目に見えたのはひと気のない船場から立ち上るひとすじの煙だった。
いつもの好奇心で傍にあった駐車帯に馬を休ませ、海岸に降りてみると流木などのゴミをもやしていたようだ。やはり冷たい海風の中では焚火の暖はいいものだ。しばらくして火の塩梅を見に来たこの親父さんからいろいろな話を聞くことができた。ここは笹川の流れといって日本百景にも選定され、名勝天然記念物の指定区域となっている海岸だ。
そして親父さんが流木と共に一生懸命に燃やしているのは、この季節特有の強い西風で運ばれてきたハングル文字の入った異国のゴミだった。これもHPにはけっして載ることのない、現地に足を下ろした人間しか知りえない事実だった。そんな地元の人たちの苦労を知った上で実際に眺める”美しい笹川の流れ”と、HPの情報を眺めるのには大きな差がありそうな気がするのは僕だけだろうか。


14050302

 

***

 



ボビー・ヴィントン  Mr.Lonely

***

***

***

***

|

« 「毒・薬」礼賛 (2/2)  毒の蠱惑(こわく) | トップページ | 若かったと いふ事 »

好きなこと・好きなもの」カテゴリの記事