« カウンター 7:26 .pm | トップページ | 「毒・薬」礼賛 (1/2)  毒の魅惑(みわく) »

2014年4月10日 (木)

庄内 に吹く風

140401

                                                   
傍から見ればエネルギッシュに飛び回っているという印象を受けるらしいのだけど、実際には僕の行動半径はそんなには広くはない。
ここから北に140キロ、時間にして2時間弱。そこに広がるのは南北約50キロ、東西約10キロの広大な庄内平野という土地で、三方は山に囲まれて西側に砂丘と日本海が広がる欲張りな地形。周囲を山に囲まれた盆地に生まれ育った僕にとって、ここで目にする風景は何もかも新鮮だった。周囲の山々が雲に隠れていれば、田んぼばかりで高い建物などはなく方向感覚さえも失ってしまうような広大な平野。
山頂からの穏やかな稜線が海へと吸い込まれてゆく鳥海山という独立峰など、すぐに手の届く場所に配置された山・平野・海・砂丘というオブジェ達が、あそこに行けば何があるのだろう?という僕の好奇心といふ胸懐部分を刺激する。

***

ひと月半程前に僕がこの場所に立ったのには大きな2つの理由があった。
一つは波の華を見たかったこと。これは地元の人も言ってたけれど、真冬の日本海とは思えない程の機嫌の良い海で見る事は叶わなかった。そしてもう一つは昨年これも地元の人に聞いたのだけど、この場所は孟宗竹林の最北端だということだった。今時はわざわざ現地に行かなくてもネットでなんでも買う事が出来る時代。探してみるとあることはあるのだけど、調理手順としてご丁寧にアク抜きの方法まで指南してあるところをみると、これは収穫されてからだいぶ時間が経ったものが送られてくる事を意味している。山形県人だというヘンなプライドに後押しされて、アテもなくやって来た僕のようなエトランゼにも地元の人はやはり親切だった。事情を話すと取次所のおばさんを紹介してくれて、その人から直接話を聞いて初めて知った事。ボンヤリとは想像していたけれど朝堀の庄内孟宗というブランドは、内陸のエトランゼがよっこらしょと朝に出発して、お昼頃に着いても買えるものではなかったということ。これは地元の人に話を聞かなければネットでは知る由もない事実だった。ここまで来たら食い下がるしかなくて頼み込むと、サトさんはあまりお客さんを増やしたくないのだけどといいながら、連休頃にでも電話してのぉ、んだれば今年のあんべも判るしのぉ、んだらばその日にとっておげるしのぅと庄内弁を交えながら番号を教えてくれた。
帰り際にあいさつをして裏山を見ると、なるほど孟宗竹林最北端に相応しい見事な竹が広がっていた。きっとサトさんにはこんな真冬にいきなりやって来て、タケノコは大好物なのだと熱く語るヘンな男だと映ったに違いなかった。

***

僕の住むこの内陸といふ枠から抜け出して、折角だからもう少し広く地元である山形県の事を知ろうと思ったのは3年程前からのこと。
庄内孟宗が終われば次は砂丘メロンと、偶然昨年の秋に知り合ったその砂丘で育ったトマトに会えるだろう。その頃には大好きな夏イカと岩牡蠣の漁が始まり、それが一段落しないうちにだだ茶豆と民田茄子、赤かぶと続くから来月から秋まではほぼ毎月、逢瀬(広義で)の予定が入る。
10年程前のことだけど、連休明けのころ庄内砂丘の防砂林の中を走る国道で、ものすごい光景を見たことがあった。遠くから見えた時には海岸で何かの工事でもやっていて、そのトラックの土埃だとおもったけど違っていた。それは黒松の花粉。車道はクルマの風圧があるので溜まらないのだけど、民家の駐車場に停めてあるクルマや屋根、歩道の境界ブロックなどもまるできなこ飴状態。これが杉だったらきっと堪らんだろうなぁ、と手綱をにぎりながら思ったのを覚えている。

  

***

***

***

***

|

« カウンター 7:26 .pm | トップページ | 「毒・薬」礼賛 (1/2)  毒の魅惑(みわく) »

好きなこと・好きなもの」カテゴリの記事

コメント

コメント欄があったのでおじゃましました‼︎(^-^)
これから自由人さんが再会を楽しみにしているお目当てのものは
どれも美味しそう!でもお目にかかったことがない食物が
たくさん登場したので私はアンテナショップで初対面しないといけません(笑)
改めて山形の人柄も食べ物も景色も素朴で優しい感じがいいな〜と想いました。
美味しそうなタケノコたのしみですね^_^

投稿: ぐみちゃん | 2014年4月10日 (木) 23:34

ぐみちゃんさん・こんにちは

いつもこの拙いLogに目を通して頂いてありがとうございます。
今朝ほどはバタバタしててポストを開ける時間もなく、大変失礼いたしました。
あんなにちっちゃい文字なのにすごいですね、私すらこの事故(笑)に気が付きませんでした。
niftyからのメールをみてビックリした次第です。
ちゃんと更新する前に指差呼称したつもりだったのですが・・・・(笑)


地元の人は、食べ物(特に野菜)は鮮度が命だと教えてくれました。
タケノコもそうですが、もっと時間に厳しいのはトウモロコシとだだちゃまめ(枝豆の高級品)だそうです。
収穫から2時間以内に加熱処理しないと、本当の味は出ないと聞きました。夏イカもそう、やはり庄内にいかないと透明な夏イカは食べる事ができません。

赤かぶと民田(みんでん)茄子は漬物が美味しいので、是非アンテナショップで探してみてください。


投稿: 自由人 | 2014年4月11日 (金) 16:46

この記事へのコメントは終了しました。

« カウンター 7:26 .pm | トップページ | 「毒・薬」礼賛 (1/2)  毒の魅惑(みわく) »