« 煌めくみなも | トップページ | 庄内 に吹く風 »

2014年3月31日 (月)

カウンター 7:26 .pm

14030301

口開けの客とはその日いちばん最初のお客のこと。
飲食店などでは縁起が良い客とされるという事を、ずっとむかしに一杯飲み屋の親方から聞いたことがあった。いらい僕自身がその客になる事が何となく好きになり、若い頃は足げにかよったものだったけれどいつしかそんなことも、歳と共に忘れてしまっていた。

***

それは一昨年のこと。このワインbarで偶然に口開けの客となった時その記憶が蘇ってきた。
僕は口開けの客の時だけ感じることができる、ほかの客の体温で温まっていないその店の空気(雰囲気)を感じるのが好きだ。それは鮨屋のカウンターに整然と並ぶ箸と手塩だったり、料理屋の通路に撒かれた打ち水が創りだすスッキリと引き締まったような空気だったりする。この店のオレンジと黒と薄いベージュのオブジェ達と、それに高めの背もたれが少しの乱れもなくキチンと並んでいるのを見渡す清々しさは、その店の客に対するスタンスと無言のwelcomeのように感じるもの。どうやらふだんからそんなに上客でもない僕ですら、最初のオーダーは少し上等なものにしようと思わされてしまう魔力がその光景や空気にはあるようだ。

実はこのワインbar、時間通りに行けばかなりの確率でその客になれる店。
なぜならば開店時間はこの類の店としてはめずらしい午後7時。そして最初の客がやってくるのはだいたい7時半過ぎだとワインのセンスアップ講座に参加した時にマスターが言っていた。この日知人との待ち合わせは彼の仕事の都合で午後8時。それまでカウンターで軽く・・・と思ったのだけど、一時間も呑めば軽くでは済むまいなと思い直して、少し遅めに出たら珍しく先客がいた。おそらく半年振りで見た
そのご婦人のグラスで気がついた。それがなければいつもの通りに”本日の赤”をオーダーしていたはずだったから。
昨年の秋にはこのログに”赤ワインが恋しい季節”がやってきたなんて書いていたけれど、日中の気温も上がり、そろそろ”キリッと冷えた白がおいしい季節がもうすぐだよ”と視覚から教えてくれた先客だった。
    
       

    
ARABESQUE No.1   
Debussy 

  

***

***

***

***

|

« 煌めくみなも | トップページ | 庄内 に吹く風 »

好きなこと・好きなもの」カテゴリの記事