« 三冬の水 (3/7) : わた雪 | トップページ | 三冬の水 (5/7) : みず雪 »

2014年1月30日 (木)

三冬の水 (4/7) : ざらめ雪

14010501   
  
□月□日からのつづき・・・

お隣と言っても100m程も離れたところに住む隣人に言われたのだが、初めての冬に雨が雪に変わる時を見る事が出来たのは幸運だったらしい。いつもは殆ど冷たい雨の降る夜の光景が翌朝に一変している事が多いのだと聞いた。この日は冷たい雨が朝からずっと降っていた午後だった。一階の仕事場で映画のDVDを観ていた時、耳鳴りのような雨だれの音が途切れてフト外に目を向けると、雨が止んだのではなくてそれが白い大きな結晶に変わっていた。雪はその後も降り続き夜には10㎝程に。男は一緒に暮らしている白いネコを自分のマフラーの中にくぐらせると、その上からコートで覆い外へと出てみた。深呼吸してみると雨の時とは違って鼻にツンとくるような冷気を感じるし、それに景色は昨夜までの漆黒の闇はもうどこにもなくなっていた。そう、遠くの街灯の明るさが何倍にもなったような見慣れぬ仄かな明るさに包まれていた。きっとこの雪が連れて来たのだろう、都会の喧騒になれて来た耳にはし~んという言葉すらもそぐわない程の冬の静寂。そのお蔭で新雪の上を歩くと音がするという事も知った。それから数回の雪降りの後に初めて体験した吹雪。隣人の話では最近には珍しくそれも、猛のつく程のものだったらしい。話には聞いた事があったが実際にその中に身を置いてみるとまさに白い風だった。薄暗く厳しい風雪の合間にほんの数分から数十分程度碧空と眩し陽射しが降り注ぐ事が何度かあって、それはそれは白い風の辛さを忘れさせる美しい光景だった。雪とは平面的に積もるものだと思っていた男の常識も初めて覆された。それは窓や壁それどころか、風向き次第で薪を入れてある小屋の奥深くまでも積もっていたし、風に吹かれて低い場所から溜まり始める事を学んだ。これが以前から男が不思議に思っていた、起伏にとんだ地形も雪によってわりと平らになるメカニズムだった。そんな事を思い出しているうちに雪片付けも終わってしまい、窓越しに部屋の時計を見ると11時を過ぎていた。ビールで一息入れたら昼飯の支度にとりかかるのにちょうど良い時刻。あらかじめ雪にうずめておいたキンキンに冷えた缶ビールのプルタブを引こうとした時、窓辺の陽だまりでこっちを見ていたネコと目が合った。何か言いたげな事があると少し小首をかしげ男を見つめるクセ、それに気がついた男はカノジョの好物であるささみが3日前から切れている事を思い出した。

(続く・・・) 2/3


14010502

***

***

***

***

|

« 三冬の水 (3/7) : わた雪 | トップページ | 三冬の水 (5/7) : みず雪 »

seasons (季節)」カテゴリの記事