« 865 哩の追懐 (4/5) : 旅先での目覚め | トップページ | 彼でなければ書けない詩 »

2013年11月21日 (木)

865 哩の追懐 (5/5) : 日常といふ思い込み

13110501
>旅人とは自分の思いこみを家に置いてくる事ができるひと
これは確かKen . Kaikouのエッセイで読んだ文章だった。旅と言えば言葉に始まり、習慣や食べ物などが違っていて戸惑う事も多い。でもこれは自分の生活の中での普段は・・・とか、こうしているから・・・”こうなんだ”という狭い部分の思い込みが大きな部分を占めるのではないのだろうか。

この島に渡った理由は大好きな美術館と水族館があったから。

先ほどまでここで初老の男女が旅についてとてもセンスの良い素敵な会話を交わしていた。しんとした美術館の休息場所では少し離れていても会話は容易に聞き取る事ができるというよりも、自然に耳に入ってくると言ったほうが正確だ。話の内容から夫婦ではなく今日ここで知り合ったのだろうという事は容易に推測できる。きっと二人はお互いに人生という分厚い備忘録の”旅”というインディックスを開き、今日という日の事を書き加えた事だろう。

   
    

  
  
13110502
これは「語らい」という作品でたぶん父親と子供だろうか、二人でなにやら会話をしているようだ。
父親がいなかった(6歳までで、殆ど記憶はない)僕はいまだこの歳になってもこうゆうものがあれば見入ってしまうし、もう高齢となった母親には誰が教えたわけでもないのに父親と同じ事をすると小言をいわれたりしている。そして最近二人の息子たちをみていても自分でもハッとする事があるのは紛れもない事実なのだ。

そういえばこのたび偶然に開催されていた特別展。
ガラスと絵画というのも見応えがあった。緻密に描かれた原画をもとにガラス細工の大きな作品が生まれてゆく過程や、福島の湖の畔の美術館で観ていたダリの作品がガラスで作られていたりと本当に楽しむ事ができた。

***

見知らぬ土地の初めて出会うものや人でいつも思い知らされるのは、自分の狭い価値観とケチな思い込み。

 

13110503
人にはきっと脳以外にも感覚的な記憶場所があって、いわゆる体が覚えていると表記されるものはそこに記憶されるのかも知れない。
自転車や水泳、スキーなどはたとえ何年のブランクがあろうとも、最初は少しぎこちないけれどすぐに調子を取り戻せるように。僕の場合は更にそれに鉄の馬の手綱さばきという項目が加わる。それは一般に言う運転が上手いとかそういうものではなくて、4本の足がどの位置にあるか把握できるということで、狭い場所や道路で左側のガードレールとか壁まであと何センチ残っているかとかを把握する感覚。これは20代の頃に繰り返し練習していた、馬の目の前に空き缶を置いたらそれを方向を変えてバックしながら左の後ろ足で踏むというもの。最初から後ろにおいての事なら馬の向きを大きく変えないのでそんなに難しくもないのだけど。2度目の成人式を終えて道半ば、いまもかなり正確に把握できているのはそのせいだろう。
そんな僕でも前と後ろの感覚はとってもアバウトで、駐車場で鼻先を壁ギリギリに停めたつもりが50cmも開いてたりするのはいつもの事。

***

ウェーデルン。
最近あまり流行らなくなってきたスキーのターン方式で、大回りするパラレルターンから少しづつターンの間隔を小さくしていって、いよいよ上級者の証となるウェーデルンへと入ってゆく。原語では犬のしっぽ振りという意味があって、小刻みにテール(スキーの後ろ)だけを振り出して滑ってゆく。モーグルのターンはコブをきっかけに曲がるけれどそれを平坦地でやるようなものだ。
これを鉄の馬でやるとなると左右の切り替えでそのきっかけを生むためにハンドルは少し切るのだけど、殆どはアクセルがハンドルになるイメージ。もうだいぶ時間が経っているので出来るかと遊んでみたらその感覚を右足が覚えていた。この時には馬は斜めを向きながら直進するので、カーブを曲がるのとは全く違う間隔でフロントガラスの中を景色が横に流れてゆく。これははまさにサーキットを走っていた時以来の感覚だった。

 

13110504 

むかし年に数度は通っていたサーキット。
そこは歩行者も、信号も、制限速度や対向車もなく、皆マナーをキチンとわきまえていて安全に、非日常的なスピードで走れる場所。こんなことをして遊んでいたら焼け木杭に火が付いたというか、再び・・・・・という思いが浮かんだ。
たった60分で燃料タンクのガソリンをすべて燃やしてしまう非日常的なスピードとGの世界。それにつけても重たいヘルメットを被った頭を支える首の筋肉と、高い速度の中で周囲の状況を素早く読み取る動体視力は絶対必須なのだ。まず首の筋肉は鍛えれば良いとして問題は動体視力。数年前頃から新幹線で通過駅名が読めなくなっていた。


あとはこの渚から東(正確には東北東)に向かって一気に500km走れば僕にとっての日常といふ街と生活が待っている。
そして865マイル(1,390km)といふ無謀に近い長旅を終え、あと数時間で家いおいてきた日常といふ思い込みに戻らなければならない。

***

***

***

|

« 865 哩の追懐 (4/5) : 旅先での目覚め | トップページ | 彼でなければ書けない詩 »

scenery (過ぎてゆく眺め)」カテゴリの記事

好きなこと・好きなもの」カテゴリの記事