« 日常の中で 偶然に出会う 非日常 | トップページ | 865 哩の追懐 (1/5) : 若き頃の憧憬  »

2013年10月25日 (金)

好きな事 vs 仕事にする事

13100401
これがいわゆる彼のステージネーム。
山辺町という北の町での所用を済ませ、ちょうど近くのS.AからスマートICを利用して一気に山形までの早馬を企てた時の事。
この寒河江S.Aから徒歩のみ行き来できる隣の公園で何かのフェアをやっているようだった。なんだろう?といつものごとく好奇心に操られて歩き出して間もなくのこと。目に入ったのは観客が通りすがり数人だけの少しさびしい彼のステージ。

そこで彼は汗まみれになってボールや箱のジャグリング、手品などを披露していた。
間近でそれを見ていて気がついたこと。それは彼の表情だった。もちろん僕を含めた観客も楽しんでいるのだけど、それ以上に楽しんでいるのは実は彼なのかも知れなかった。そんなステージもあっと言う間に終ってしまう。いままで見ていた観客たちも早々に立ち去ってしまって、その場には道具を片付けている彼と僕だけになってしまっていた。声をかけてみるとそれが本当に気さくな青年だった。
話を聞いてみるとやはりショーの間は楽しいと言っていた。さっきのボール4個をドライブするジャグリングも相当練習を積んだだろうと訊いてみると、小学校の時から片手で二個のやつは出来たというから、これも彼の才能という範疇なのだろう。

僕は中学校のあたりからバレーボールより小さい球技は、不得意を通り越して出来ないに近い事を自覚していた。
特にオリンピックの卓球試合(ラリー)など、あれは人間技ではないと思っているというと本気で笑われた。なぜバレーボールより小さいのは駄目なのかと訊かれて、球が小さくなればスピードは上がるしなによりもシビアなコントロール精度が要求されるからだと答える。究極のスピードと精度を要求される卓球に比べたら、サッカーの方がずっと楽しい。パスにしても相手も動いてくれるので、大体(≒)でいいだろう?・・・と余計な事を言ってまた笑われた。

彼はこの世界に入ってまだ7年だという。
新しい芸の開発と、常日頃の練習は欠かせない事も教えてくれた。でも好きなので苦ではないのだということ。それに芸だけでは食べていけない厳しさも話してくれた。
午後のステージでは場所を違えて、火を吹く芸もあるので時間があればぜひにと言われる。山形へ行く目的は帰りにお昼を食べに寄りたい高原の店があっただけなので、この日は偶さかに出会った若い大道芸人に付き合うことに。

13100402

場内放送を聞いた人々が三々五々集まってくる。
僕は会場内をウロウロしながら、彼の為に最高の絵を切り取る場所を慎重に探した。

そして彼の命がけの演技が始まると観客たちの歓声が上がる。
けれども僕の考えていた主役は彼ではなくて、その素晴らしい大道芸を驚嘆の表情で見入る観客たち。
ベンチで見入る4人の娘さんたちの表情も想像に難くない。

  
  
ショーを終えて、口の周りを煤だらけにしている彼に絵を見せるとニコッと笑ってくれた。
来年はフェアのスケジュールをちゃんと調べてまた訪ねてみよう。

 

***

***

***

***

 

|

« 日常の中で 偶然に出会う 非日常 | トップページ | 865 哩の追懐 (1/5) : 若き頃の憧憬  »

きづきの扉」カテゴリの記事