« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の記事

2013年9月24日 (火)

9月のエイプリルフール (母と子)

13090300

13090304    
気がつくと僕は鰯となって群れの中を泳いでいた。
前世は確か人間だったような・・・とボンヤリ考えていると、群れがいきなり向きを反転したりして慌てて方向を修正する。水中では地球の重力を殆ど感じる事はなく、上下左右へとわりと簡単に向きが変えられるようだ。

この水槽の中に棲んでどれくらいの時間が経つのだろうか。
群れでの回遊という楽しさも最近分かってきたのだけれど、幸か不幸かここには僕らの天敵は存在しない。そんな中で仲間と毎日楽しく泳ぎ続けながら平穏な日々が過ぎてゆく。

  
毎日水槽の周囲には人間族が僕らに観察される為にぞくぞくとやってくる。
ただその中で僕らには理解が難しい関係がある。彼らの言う「家族」とか「夫婦」というものだった。魚類の中、いや動物全般を見ても死ぬまで親子や夫婦というその関係が続く事は、あり得ないことなのだ。つまり繁殖という目的を果たせば、あとはただの同族となるだけというのが一般的なのだ。(正確には極々少数だが動物にも、夫婦のようなものは存在する)

人間族が僕らを見てなにやら話しているように、僕らもいろいろと話しながら泳いでいた。
そういえば仲間に聞いた人間族のしきたりのようなこと。例えば今日やって来たひと組のペアがいたとしよう。そしてその二人は来月も訪れると想定しよう。その間に彼らはある儀式も含めて公的な書類手続きを行うと、今度は夫婦というように呼び名が変わるらしいのだ。僕らは常に高速で泳いでいて違いはあまり良くわからないのだけど、目のいいシイラの話では事後は2匹で揃いの指輪がついているので判るそうである。でも最近はそれが判断基準ではなくなってきている、とシマダイが横槍を入れる。仲間にも大きくなると名前が変わるのがいるけれど、それとはだいぶ様子が違う。

***

特に休日などはちっちゃな子供を連れた若い夫婦が多い。
母親はいつも子供に注意を配り、僕らをより近く見せようと抱っこしたりする。そんな光景をいつも見ていて、母親が子供にいだく感覚とは何だろうと考えてみるけれど、いまひとつ良くわからない。母親にとって子供は自分の胎内から生まれてきた、文字どおり分身なのだろう。
だから愛情などと呼ぶよりも、もっともっと動物的で生々しい繋がりというのか、所有感というのかそんなものじゃないのかなと僕は推測してしまう。
以前ラヂオである女性の話を聞いた事を思い出した。なんでも彼女は自分の赤ん坊を見ていたら、どうしようもなく可愛くて、可愛くて、裸のお尻を思わず噛んでしまったという話だった。その切実な表現の中に、母親というものの本性を垣間見たような気がした。

***

いぜん記事に記した通り、特に男の子は母親に関しては特別な感情があるようだ。
そんな母親が抱くわが子への感覚は僕にとっては永遠の謎にしても、子供が母親に抱く感情は良くわかるのだ。なぜならば信じてもらえないかもしれないけれど、僕にだってそんな子供の時期があったのだから。
幼い子にとって母親は全てなのだろう。
母に抱かれ、母の匂いに包まれている場所ほど、倖せで安全な場所は他にはないのだから。ときどき父親と言う名の生き物が辺りをウロウロするけれど、あれはいったい誰なのか・・・長い間知らないままに母の胸の中で育ってゆく。


  

魚の目に水見えず 人の目に空見えず

  
   
よく空気のような存在と表現する事がある。僕らにとってもふだん水は意識などしないのだけれど、生活の場であり生きてゆく上では絶対に不可欠なもの。これを拡大解釈するまでもなく素直に、かくも親とは実にありがたいものだ。



***

***

***

|

2013年9月14日 (土)

秋 の 気 配

13090201

9月は好きな月だ。
季節的というファクターも大きいのだけど、なんとなく言葉に出した時の響きが好きなのだ。どうやら今年は肌にまとわりつく残暑もなく、街中を爽やかな色合いの人たちが行きかう過ごしやすい年のようだ。たいてい9月1日はうるう年でもない限り立春から数えて二百十日にあたり、その後の二百十日という二つの雑節が過ぎてしまった。つまり平成25年という時間の70%以上が過ぎたことになる。昔人はよく注意してこの二つの暦をみていたのだろう。週明けには台風が接近する予報が出ていて、例年並みという言葉があてはまらない希有な気象に曝された地方など、これ以上被害が拡大しなければ良いと思うばかりだ。

ここ数日はそらの高さというか、雲が高いなぁと感じる。
低層の比較的大きなかたまりの夏の雲もだいぶ少なくなってきたし、朝には思いがけずに冷涼な空気に触れることもある。そしてなによりも日没の時間が早くなってきたと実感するのはだいぶ早い時間に西日が差しこむようになってきたことだ。

***

最近、残心という言葉と出会った。
それは心残りとか未練とかいう下世話なことではなくて、人やものなどに心をのこすこと。主に茶道を例にした話だったけれど、例えば客人が見えなくなるまで、また客が見えない場合でもずっと見送り、その後ひとり静かに茶室に戻り、見送った客人のためにお茶をたてて心をのこす。千利休の教えにあったという、茶道具から手を離す時は恋しい人と別れる時のような余韻を持たせて、物に対しても心をのこす。

あたりまえだけど季節の変わり目とは、何かのスイッチを入れるようにパッと切り替わるものではない。過ぎる季節、迎える季節それぞれのフェイド・アウト、フェイド・インの部分が少しづつ重なりだして、それから徐々に訪れる季節のグラデーションが色濃さを増してゆく。ジリジリとした日射しの差す暑い夏があったからこそ、9月のありがたさが身にしみるのだろうし、9月の素敵さを満喫できると言うものだ。

***

先の休日、北で見つけたステキなCaféで小さな秋を感じた。 09-09 (Mon)
それは9月になったばかりでまだ真夏のように強い日射しだったけど、それが店の奥まで差し込んで来ていたことだ。それを眺めながら思い出していたのがこの残心という言葉だった。飲みほしたアイスコーヒーの傍らに”2013-夏”といふ、ひとひらの心をのこして店を出ると、僕はふたたび秋を愉しむための南からの旅人となった。




セプテンバー ソング 1946   by フランク シナトラ   

  


13090102


9月・・・

開放的でめくるめく季節は過ぎ去り

これからは澄んだ空気の中で

人にとっての”想う季節”の始まりである

  
< 自由人 >




 

***

***

***

|

2013年9月 5日 (木)

休日ノ過ゴシカタ Vol.3 (職場とのスタンス)

13090101_2

先の日曜日クライアントとの話で出てきたのは、休日における職場の眺めの事だった。
それは年休をとっていた日、職場に忘れ物をした事に気づいて取りに行った時の事だったらしい。なんでも職場に入った途端にそこ自体が仕事をしている同僚たちも含め、まるで別の世界の光景に見えてとっても不思議な気分だったと言っていた。どうやら自分の休日に通常稼働している職場に行ったのは初めてだったようだ。
年休日だと知らない同僚は昨日のクレームの詳細についての事や、午后の予定などを聞いてきたらしいのだけど、それらはまるで異次元の話のようだったと言っていた。それは大げさにしてもせっかくの個人的なオフなのだから、これからは職場に近づかないようにしなければね!としか言えなかったけれど、そんな話を聞きながら僕も会社員時代の事を思い出していた。

そういば休日出勤というやつは会社の空気自体がすこし違っていたような気がする。
僕は技術屋だったので休日は現場や電話に煩わされることなく、図面を引いたり計算したりのたまっている雑用を一気に片付けるのには好都合だった。しんとした環境は苦手なせいか、いつもラジオを流しながら仕事をしていたものだ。昔からやっている全国ネットのロングラン番組である『キューピー・ハートフル サンデー』。これが始まるとランチタイム60分前の合図。
”さて、本日の昼メシはと・・・”、とCPUの約30%強の仕事配分率をそれに費やしてしまうのは今も変わらない。それに以前から不思議に思っていた事があった。それは番組での選曲だった。いつも思うのだけど、それらはいずれも日曜日の昼前というシュチュエーションに相応しい、のんびりとした明るい曲やCMたちなのだ。

***

会社員という職業を辞していわゆる自営業という範疇の仕事をしていると休日との境目も不明瞭になってくるし、大企業のオーナーでもないので、細かい雑用も含めてすべて自分の仕事となる。
それらは、最近流行った・・・”じゃぁ、いるやるの? 今でしょう!”のように対象が一つだけという単純なものではなくて、いかにそれらを効率的に片付けるかで、必然的に序列が決まってゆく。業務に支障がでなければ、その直前でも構わないし、休日をそれにすべて費やしてもかまわないのだから。一日は24時間という平等な法則のもと、休日の時間 - 雑用処理時間 = 自分の時間。という式の中で必然的に要領がよくなってゆくのは自然なことだ。
近年銀行にてご婦人向けの月刊誌をパラパラ捲ってすごく参考になったこと。
それは年末の大掃除に関する特集で、結論は年末の・・と銘打ってまとめてやるから大変なのだということだった。5分程度のスキマ時間も積み重なれば結構な時間になる事を学んだ。2~3年に一度のブラインドの洗濯は仕方ないにしても、以来この書斎兼仕事場の大掃除はしたことがない。

 

***

***

***

***

|

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »