« デオキシ・リボ核酸と飲み放題の考察 | トップページ | 休日ノ過ゴシカタ Vol.3 (職場とのスタンス) »

2013年8月28日 (水)

8月最後の晴れ間に

   
130803

                               
もう週末から9月がはじまる。
関東以西にお住まいのご諸兄方には申し訳ないような気がするけれど、今年の夏は昨年に比べてあまり暑かったような気がしない。梅雨明けは8月のはじめだったし、それから旧盆までは真夏日程度で猛暑日は確か1日だけ。昨年よりずっと過ごしやすい。特にここ2~3日は早朝や夕刻以降は窓を開けていると肌寒ささえ感じる、そんな昔のような夏の気候だった。

今朝ほど天気予報で今日は8月最後の快晴になると言っていた。
最近の予報はいろいろと事情があるようで、いつも一杯食わされていた記憶が強く”ふぅ~ん・・なんだかなぁ~”程度の感覚だった。
仕事場の天井には電気代節約の為のトップライトがあって、空が一年中眺められる。たしか11時頃までは雲の大きなかたまりがたくさん流れていた。ところが昼近くになると雲すら殆どない空になっていた。こんな昼休み(仕事のやりくりがうまくいけば約2時間)は、陽光の下で弁当でも食べてみたいと思う人間なので、途中のコンビニで弁当を調達して公園に向かう。このコンビニの存在がとても重要であり夜桜の見物等、じつに素敵な公園が僕の居住区から歩いて4分のところにある。

***

   
蒼い空を見ながら木陰に寝そべり、2013年8月というものをいろいろと思い返してみる。
1日からつけ始めた絵日記や、そのあさ届いた勘さんの訃報のこと。お盆の頃からか何かを思って、ずっと願っていたこと。新盆で勘さんにお参りに行って聞いた、僕も大好きな勘さんの親友宅に訪れた不幸のことなんだかいろんな事がありすぎて忘れられない夏になった気がする。碧空を見上げて嘘をつける人もいないと思うのは、お人好しなのかも知れないけれど・・・そんな事を思い返していた昼だった。
そんな8月も今週で終わる愛しさを込めて。
   

    
   
   
  

  



決められたリズム  by 井上 陽水 

***

***

***

***

|

« デオキシ・リボ核酸と飲み放題の考察 | トップページ | 休日ノ過ゴシカタ Vol.3 (職場とのスタンス) »

seasons (季節)」カテゴリの記事