« 桜の頃 (1/3) | トップページ | 桜の頃 (2/3) »

2013年4月29日 (月)

休日ノ過ゴシカタ Vol.3 (廻り道の ススメ)

13040501
この回廊と出会ってからもう7~8年になる。
交通量が極端に少ない(マイナーな)見通しの良い道路なので、天気の良い日には路肩にくるまを停めてゆっくりと鑑賞出来る。また空模様がすぐれない時や、時間に追われている時などは、子供の頃ノートや教科書の角隅を使って作った、パラパラ漫画のようコマ送りで景色を映し出してくれるサービスも忘れない。この時ばかりはコマを送る調整役は、親指ではなく右足となるのは仕方がないことだけど。
春・夏・秋・冬と、このカンバスに描かれる色彩はそれぞれ違うけれど、共通しているのはどう言う訳だかいつも風が吹いている場所だということ。

***

例えばA地点からB地点への移動を考えた場合、僕は時間的な余裕と地理的な条件が適えばまず同じ道は通らない。
どういう事なのかと言えば、二つに地点でショートカットのように近道を見つけてみたり、距離が1.5倍になってしまうような鍋弦線を見つけたりと、実は楽しい時間だったりする。これは昔から習慣としてきた事だし、たぶんこれからも変わる事はないだろう。
そんな新しい道との邂逅を繰り返すうちに、仏教でいうさまざまな”小世界”に出合ってきた。大雑把にいえばその殆どが、光景とか風景とかで表現できるカテゴリだけど、それらは建物だったり、食べ物だったり、とびきりの地酒などもあったし、中には4人の忘れられない人物も含まれる。

ご諸兄方もいつの間にか、ブラウザで使っているお気に入りが増えているように、僕もお気に入りの小世界が増えてくる。
こんどはそれ同士が新しいネットワークを構築するように、別の廻り道のリストが出来てくる。そしてそこにかなりの確率で含まれるのは、海や水辺のみなもが波立つ光景にそれと流れる雲だ。それは静物画と言ってもいい程に静止した、風景カンバスの中で唯一うごく事を許された特別なキャスト達なのだった。

時おり何の前触れもなく、それらの小世界をふたつ三つ、廻ってみたいなぁ~という感情が芽生えてくる。
それは懐かしい場所に帰りたいという気持ちにも似ているし、幼なじみの友に逢いたいという懐かしさのようなものに近い。ふだん日常の生活の中でいつもそんな事を考えている訳ではないのだけれど、偶然ラヂオから流れた曲がきっかけで時折フッと胸をかすめるそんな感情は、すこしづつ自分の中で蓄積されてゆく感覚がある。ちょうど満ち潮が遠くからゆっくりと時間をかけて海岸を満たすように。

***

たぶん何かのコマーシャルだと思ったが、どこか外国の諺で”路に迷う事は路を知ることだ”と言っていた。
なるほどと頷きながら、僕自身が見知らぬ土地で、知らない通りに手綱を進めるのが何の苦でもないのは、好奇心という感覚の全面的な支援の他に、いつも二つのことが気持ちの奥底にあるからかも知れない。
それは道は全部つながっている、という道がみちたる揺るぎのない事実。それと迷ったり間違えたりしても、鉄の馬はガソリンさえ与えておけば、人間と違って疲れたなどと不平を言わないということだった。
これらは実に当たり前の事かも知れないけれど、僕にはこれがあるのでまた知らない土地で、知らない通りの小世界をカレイドスコープで覗き込むことだろう。  
  
  
  
  
  
  
  
      

  

|

« 桜の頃 (1/3) | トップページ | 桜の頃 (2/3) »

好きなこと・好きなもの」カテゴリの記事