« そらへの想ひ (2/2) | トップページ | 春への想ひ Vol.3 »

2013年1月27日 (日)

最後の節気と大人の寓話

13010401
最後の節気・・・これは言わずもがな大寒のことで、冬も終盤戦となりこれから半月ほどは、一年中でもっとも冷え込む時期を迎える。
昨年・一昨年と二年連続で大雪に見まわれた雪国なのだけど、いまの道路事情を見ても平年並み以上の積雪量が、もう既に積もっているような気がしてならない。今が2月末という話ならば、春に向けての楽勝ムードかもれないけれど、まだそれはひと月も先の話だった。

深い雪に覆われる地方では、風雪≠吹雪 という認識が一般的だと思う。
どの程度の視界が取れるかによって、風雪<吹雪<猛吹雪 とランクがあがってゆく。それは平坦面にしんしんと降り積もるというよりも、風で舞い飛ぶ雪が垂直面である窓や壁にも積もるのだ。僕の地方で窓雪と呼ぶ光景で、昔の人は窓にまで雪が付くほどの吹雪は、三日間は続くと言って”窓雪 三日”と言っていた。最近の温暖化といわれる影響だろうか、窓に雪が付くほどの吹雪もそんなに吹かなくなったし、3日間も吹き荒れる事はなくなってきた。
この窓雪の外にいったいどんな光景が広がっているかは、雪国のご諸兄方とって想像に難くないことだろう。

昨年の晩秋から初冬にかけてクライアントとの話題は、もっぱらこの冬の積雪量の事だった。蟷螂のたまごの高さとか、カメムシの多さとかいわゆる庶民的な感覚(経験的)での話が多かった。けれどもそんな話を聞きながら、僕が一番気になっていたのは・・・

『 昨年10月(神無月)に出雲大社で開催された、全国八百万の神々が集うサミットでの決議事項の事だった。
今までの経験から言えば、大雪というものはだいたい4~5年に一度程度の割合だったのだけど。
主宰神(議長兼)である天照大神のもと、来年の議事が粛々と決議されるなか、いよいよ降雪の議決項目だ。担当の罔象女神が登壇し、”関係各方面の調整がつかず二年続いてしまったので、この冬は予定通り平年並みで・・・”、という説明をした。にも関わらず2世あたりの若い神様が、”せっかく2年続いたのだから、何事三度で今年もやってみるのも面白いかも知れない・・・”、という気まぐれな提案をしたとしよう。
それを諌める長老達をしり目に、彼を揶揄する若年寄衆が寄ってたかって、多数決可決という事態に至っていたとすれば、僕ら雪国に住む人間にとっては、たまったものではないのだけど 』

あとほぼひと月、今年の雪はどうなることやら、やはりそれは昔から神のみぞ知ることのようだ。
   

***


降雪の候、やにわに雪が連れてきてくれる、『静寂』と『明るさ』が好きだ。
街の喧騒が消えて耳鳴りにも似た、しんとした静寂が訪れる。
ずっと昔に聞いた、ストーブのやかんのお湯が沸騰する音だけが強調された
静かな夜の記憶が甦ったりもする。
雪あかりがほのかに、ブラインドの隙間からもれてくるのもいいものだ。
秋の夜長からその隙間は漆黒の闇のテリトリーだったが、いまは雪あかりの世界だ。
それが再び漆黒の闇に入れ替わってくれば、待ち望んでいた春の訪れなのだった。

  
  
  
  
 
  
  

|

« そらへの想ひ (2/2) | トップページ | 春への想ひ Vol.3 »

seasons (季節)」カテゴリの記事