« そらへの想ひ (1/2) | トップページ | 心の禊 ということ »

2012年12月27日 (木)

師走の文章

12120301   
『  今年最後の happy Monday は朝限定の日差しが届く穏やかなスタートだった。振替休日で通勤車両の騒がしさもなく、それと積雪のせいだろうか、しんとした静かな白い朝の情景が広がる。子供の頃のようにこの光景にワクワクするわけではなく、もう若い頃のように気持ちが反射的に少しだけ沈んでしまうものでもない。いまはただ季節の移ろいを心に留め、冬という時分を愛しみながら光が毎日少しずつ運んでくる、春の日差しを待つ。そんな休日へと変わっていた。
残り数日となった2012という年。もう過去になってしまった事たちを思い出す時間が欲しくて、鉄の馬の手綱を握る。
まるで日々の流れ(記憶)を遡るように流れる、トンネルのナトリューム灯の中で、僕は今年起きたいろいろな事を思い出していた。
それはかならずしも”後悔”とか、”感傷”とかいうようなネガティブな感情ではない。クローゼットの中でいつも目につく古着のように気にはなっていても、ずっと触れる事のなかった、古いアルバムをようやく開くときのようなとても穏やかで静かな時間だった。  』
   

< Air on G String     Johann Sebastian Bach >

      
いつものように朝のルーチンワークをこなし、お茶を飲んでいるとフト心に浮かんだのは美術館だった。そういえば今年の happy Monday はほとんど美術館で過ごしていたのを思い出した。そしてこの日、管弦楽とコーラスとアカペラの、思いがけないプレゼントが待っていてくれた。

このG線上のアリアは僕の心だけではなく、演奏直後も大声で遊んでいた子供たちの心すらもロックしてしまったようだった。
急に静まりかえった美術館の今年最後の開館日となるイヴのエントランス・ホールには、ただ・ただ美しいバッハの旋律だけが流れていた。
これからを担う子供たちの琴線に触れる曲だった事を願いながら。
12120302
 
 
 
 
 

|

« そらへの想ひ (1/2) | トップページ | 心の禊 ということ »

scenery (過ぎてゆく眺め)」カテゴリの記事