« 好奇心といふ行動 | トップページ | となり街で過ごした初冬のこと »

2012年11月14日 (水)

日常といふ 生活感

12110101

じつはこのログの名前というか、タイトルを替えるのはこれでもう3度目となる。
最初は一昨年の春。弐回目は今年の春。そして参回目はそれからわずか半年後の今回だ。
いつの時もそうだった。
日常的な出来事なんかをこれに書いている視点が、偏りかけていることに自ら気がついて、結局はブログのタイトルを替える事でなんとか体裁を繕ってきた気がする。それも着古した古着を脱いで、新しい服に着替えることのように躊躇うことなく・・・あっけなく簡単に・・・
でも中身は何も変わってないから、また同じ事を繰り返してきた。
このログを書き始めて4年ぐらいになるけれど、今回のようにニックネームまでも替えてしまったのは初めての事だ。それはこれからもこのログを書き続けるための、免罪符も手に入れたいというような思いもあったからだった。
 

***

  
最近仕事で関わりのある知人に面白い話を聞いた。
その人は僕と初めて会った時から暫くは、独身かどうかすら判らなかったと言っていた。もちろん僕はそんな質問は受けた事がなかったので、どうしてその疑問を解決できたのかと尋ねれば、わざわざ僕を知る知人に訊いたとの事だった。
そして何故そんなふうに思ったのかと、改めて質問してみると風体は茶髪(Plus 天然のパーマ)だし、会話の中に生活感(僕にはさっぱり意味が解からない・・・)が殆ど感じられなかったと言うのが言い分だった。僕はそんなことを意識をして話をしていた訳ではないし、家族構成とかを話したような気がするのだけどなぁ~と考えていた時にフト思いだした事があった。

それは僕のログにときどき目を通してくれているY先輩の話だった。
確か去年の夏に呑んだ時に言われた”お前のブログには生活感が全然ないよなぁ~”という一言で、その時に生活感って何だろうと考えた時期があったけれど中断したというか、もう途中でそのことはすっかり忘れていた。
  

12110102

< 矩形の中のオブジェたち >
福島県いわき市

  
話はもとに戻るけれど、僕は以前(3年程前に)ある理由で、外国製の自転車を買った事がある。
それまではいつも息子の自転車を借りていたのだけど、サドルの後ろのぶら下がっている学校名の入ったプレートが、シュチュエーション的になんとも具合が悪い。それに平日が休日となってからは通学と競合してなかなか拝借する事ができなくなっていたからだった。
でもどうしてなのだか判らないけれど、その人はその理由(使用目的)をちゃんと知っていた。それは誰が聞いても”動機が不純だ!”と言われる理由なのだけれど、僕はそれを直接話した記憶はない。

***

そんな会話の中でその取り巻きの人達は、僕のことを親しみを込めて”自由人”というニックネームで呼んでくれているのを初めて知った。
それを聞いて最初に思ったのは、あながちハズレではない上手い表現だなぁ~という印象だった。なぜならばこのログを書き始めたころから自分で感じていたものとリンクする部分があるからだった。僕の日常生活や行動、このログにそれと切り取った絵さえ自分で見ても現実的ではない部分が、かならずどこかしこに見つかるという事実を鑑みても、どうやらそれを認めない訳にはいかないようだ。

そしてこのタイトルとニックネームはもう変わる事はない。


 

< AMAPOLA     Henri Cartier-Bresson  >

  
  

   
    
  
  
  

|

« 好奇心といふ行動 | トップページ | となり街で過ごした初冬のこと »

きづきの扉」カテゴリの記事