« ワインと 音楽と 似顔絵と | トップページ | 日常といふ 生活感 »

2012年10月28日 (日)

好奇心といふ行動

12100401
この吊り橋に来たのはほんとうに偶然だと言っていい。
休日の好天に誘われて、もう随分と久しぶりとなってしまった風景に会うために鉄の馬を走らせていた時だった。もう少し先に行けばお気に入りの風景第一幕が始まると思っていた矢先。無情にも行き先の道路を封鎖していた看板に、”この先は工事中で通行止めだよ!”と告げられる。迂回路の看板を見るとそれは、僕がこの路を走るのに慣れすぎてしまって、その存在すら意識になかった川向の道路だったことに気がついた。
昔からそうだった・・・・・僕は一つの目的地に対しての往復路は、同じ路を通るのは好きではなかった。
地形や時間が許せば必ず違うルートを探す。それは自分がいままで見たこともないような風景や、光景に出合えるようなワクワク感がいつも根底にあるのかもしれない。
予期しない迂回路。 それは知らない路を通るのが大好きな僕にとって、好奇心のレーダー感度を最大に上げる楽しい時間の始まりだった。

人気のない平たんな林間の直線区間を迂回の時間を短縮すべく、鉄の馬にひたすらムチをくれていた時だった。
左側にポツンと立っていたのは、観光客につい見落とされる事を願っているような目立たないちっちゃな看板だった。昔(10年程前)サーキットを走っていた頃よりも、ずいぶんと動体視力が落ちてきた事を実感していた僕の目は、(新幹線でスルーする駅名が、今はなかなか読み取れない)最後の”吊り橋”という3文字だけを、なんとかかろうじて拾うことができた。
  

***

僕のキライなもの3つは? と、人に訊かれると・・・
                     1:高い所 2:ヘビ 3:ゴシップ話 と迷わずに、若い頃からそうだったというコメントを添えて答えている。

これはそのつり橋で無意識に切り取った絵なのだけど、注意深く見れば1:の根拠がすぐにわかってしまう。

僕の左足は完全にグレーチング(網のような鉄板)の上にあるのだけど、右足の踵まではそれに預けることは絶対にない。別に設計者の強度計算を信頼していないのではないし、施工業者の手抜きをうたぐっているいる訳ではないのだけれど、きっと生理的に避けてしまうのだろう。

この橋を往復する間に歳も少し重ねたことだし、この苦手を少しだけ克服できるようになっているかも知れないと考えてみた。
そしておそるおそる真ん中のグレーチングの上を5歩ほど歩いてみたのだけど、その瞬間僕のお尻からまたぐらにかけて氷点下5度の冷風が吹き抜けていった。
やはり僕はきっとカナダのCNタワー展望台にある、グラスフロアに寝転べる人たちとは人種が違うらしい事を確信した。
  

12100402

< 4本の放物線 >
宮城県七ヶ宿町

 
以前何度か記したのだけど、僕は以前建設関係のエンジニアだった。
そのなかでも、”橋”という構造物はその美しさから、なにかと好きなものだった。その目的はルート上の支障物  (例えば河だったり、道路だったり、   線路だったり) を跨いで二つの何かを繋ぐものなのだけど、支障物側から直角に眺めるとものすごくめだつ構造物だ。
一般的に単純なラーメン構造の鉄橋よりも、格段に計算が複雑で手間がかかるのだけど、ルート上にも美しい曲線を見せてくれるのが”吊り橋”という橋なのだった。
 

***
   

< Will You Dance?     ジャニス・イアン >

  

  10月の終わりにこの曲を・・・
 

 
  
  
  
  
  

|

« ワインと 音楽と 似顔絵と | トップページ | 日常といふ 生活感 »

scenery (過ぎてゆく眺め)」カテゴリの記事