« 月曜日の美術館 | トップページ | 大正の かをり (2/1) »

2012年7月29日 (日)

大正の かをり

12070401
   
屋根上の時計塔それにさりげなく随所に盛り込まれた美しい曲線が印象的なこの建物は、南北へと続く通りのつきあたりにあった。
近代的なビルの立ち並ぶこのアベニューには例えば老舗のデパートやホテルがあり、その間に昔からの商店も軒を連ねていて更に若者の集まるような商業施設も点在している。たぶんこの街なかでも Best three に入るくらいに歴史のある繁華街なのだろう。

通りの延長上の正面にどっしりと構えるこのイギリス・ルネサンス様式を基調としたこの建物は、通りとの位置関係から以前記事に書いた兼続が僕の住む街の都市計画構想を描いた兜山のイメージと重なる。
この建物の先代が明治初期に建設されてその後の大火で焼失。そして大正初期に現在のように再建されたということは、実に70年近くも県庁舎としてその機能を担ってきたという事だ。その後重文に指定されて10年に及ぶ修復工事が終わったのは、平成7年の事だと案内に記されていた。だとすれはこの建物はもう100年近くもここに佇み、時代と共に変遷を遂げてきたこの通りを見つめてきたということなのだ。
 

12070402

< 中央階段 >
山形県山形市

  
この建物のように齢を重ねてくると(僕はまだ半分程度の若造だけど) ”忘れられないもの” が何かといっぱい増えていく。
僕の場合それはクローゼットの中でいつも目に付く古着のように、身近で何かしらの意識があるものともうひとつは、物置の中に忘れ去られたように埋もれている大きなトランクがあって、その中に残りの雑多なものがいっぱいにつまっているようなものに大分している気がする。
普段の煩雑な日常生活の中ではそんなトランクの存在すら忘れているのに、何かの拍子に心にある事が浮かんだりきっとそれに近い連想があった時には、パンドラの箱のようなものではないので時折ふたを開けてみたりする事があったりするのだけど。するとその中からゴソゴソと出てくるのは、ぶ厚い束になった古い記憶の数々だった。一つの束は忘れられない音楽であったり、また別の束は映画の1シーンだったりするし、そのまたとなりの束は僕自身にとっての忘れられない人々だったりする。
音楽や映画はインターネットの発達した(あたりまえになった)現代では、もう一度再会したいと思えばかなり容易に実現できるのに比べると、
”人”という場合にはそうは簡単にはいかない。なぜならばその束に入っている人たちの大部分はもうこの世に存在していなかったり、たとえ何処かで元気にしていても、様々な仕事関係や交友関係も途絶えてしまって、もうたぶん会う事はないだろうと思われる人たちだった。

そのなかでも僕にとって一番ボリュームがあって、大切なものは自分で目にした”風景(光景・シーン)”という記憶の束だ。
それはブログのようにキチンとカテゴリ別には分類される事はなくて、10年区切りの大まかな年代とそれとは別に様々な印象を記したタグが付いている。それは結局外部からの検索にヒットする心配ないので、僕しか知り得ないその時の感情などを憚らないで織り込んだ結構大胆なものだったりするのだった。
  

***
   
  

12070403

< 光りの先へと続く廊下 >
山形県山形市

   
   
この廊下の床面は当時と同じリノリウムという材質で色調や紋様まで正確に復元されたと案内に記されていた。
復元当時は製造上の時間的なウエイトやコストの面で塩ビの床材に取って代わられていて、結局はドイツからの輸入品で復元されたのと、最近になって再び亜麻仁油由来の抗菌性や、環境汚染、シックハウス症候群対策などで注目され現在では、医療教育施設から住宅まで幅広く世界中で利用されていると説明されていた。
この手入れのよく行き届いた廊下は歩いているだけで実に気持ちが良いものだ。きっとこれを維持する為に相応の人手をかけて大切に管理している結果なのだろう。僕はこの時普通のデッキシューズを履いていたのだけど、床面保護の為に見学者の履物を制限していると知ったのはそこを出るの事だった。
この人気のないうつくしい廊下は不思議なことに、最近なにかと軽い筋肉痛を感じる気持ちをずいぶんと素直にしてくれるのかもしれない。
 

***

  
たとえばこの廊下を僕が歩いている。
そして扉が開いている入口にさしかかろうとする時に、次の扉がスッと開いてそいつが出てきた。僕もそいつもお互いいろんな事情があり、出来ることならばニアミスを避けたい時だってある。だけどもこんな光る廊下というシュチュエーションなら僕の方から ”よっ!” と声をかけ、普通に話が出来そうな気がしてならなかった。
僕はこの廊下を歩きながら夏休みの学校を想い出していた。
それは日ごろの喧騒や人影などはまったくなくて、ただ寂しくて広い空間だったのを覚えている。そこで偶然バッタリ出会ったのがすごくキライな先生でも、その異次元のような空間に一人取り残されたような環境から逃れたくて、自分からすすんで挨拶したいような気分にさせてくれる不思議な夏の一瞬だった。

  
そいつはいつの間にか僕の心に棲みついていた。
それがいつの頃だったのか、思いだせる限りではいつでもそこに居たような気がする。僕らの関係はいつも友好的とは言えないけれど、かといってお互いに嫌っているわけでもないようなのだ。その同居人は僕が何かをやろうとするといつも口をだしてくる。言い合いになるとしてもそれはいつも議論に近かったけれど、そいつの言うことが大体筋が通っていて結局は僕の方が負ける事が多かったのだけど。
そいつが特にうるさくなるのは僕が何かを創ろうとする時だ。
それは絵を切り取る時の構図を考えている時だったり、そのデータのRaw現像の時だったり、このログを書いている時だってそうだ。あぁでもない、こぅでもないといちいち口を出してくる。今回の記事に貼りつける廊下の絵を選んでいる時も結構もめた。僕は別の絵が好きだったのだけどやはり負けてしまった。僕なりにその声に素直に従う事もあれば、意地もあって抵抗を試みる事もあったけれど結局最後はそいつの言いなりになってしまうのが普通なのだった。
どこかに行ってくれないかなぁと思った事は何度もあるのだけど、もしもそいつがいなくなればきっと一番困るのは僕自身なのだは薄々わかっていた・・・・・

風景(光景・シーン)に付けられた僕なりのタグと廊下で会ったそいつの話は、またいつか詳しくすることにしよう。







  

 

 

|

« 月曜日の美術館 | トップページ | 大正の かをり (2/1) »

scenery (過ぎてゆく眺め)」カテゴリの記事