« 午前 8時59分60秒 という時刻 | トップページ | 色彩感覚 と 描画 のこと »

2012年6月30日 (土)

難読な漢字

12060401
ここのところ月曜日というと雨が降るという、悪い習慣のついた僕の住む地方のそらだが、今週は久しぶりに晴れた。
やはり天気の良い休日は気分が清々しいものだ。普段よりも少し早起きしていつものルーチンワークをこなすと、てぎわ良くメールなどをチェックして、10時過ぎには鉄の馬の手綱を握っていた。

この日に向かったのは、ラヂオで”花咲かフェア”をやっていると言っていた、北に60㌔ほどのところにある総合公園だった。さすがフェアの最中だ。平日なのだけど駐車場にもちゃんと誘導をしてくれる係員の人がいて、あまり混んでいなかったけれどスムーズに駐車することができた。
初夏の強い日差しの中で僕は運よく、園内であずまやを見つけて腰をおろす。
梅雨の中休みとはよく言ったもので、たぶん湿度のせいだろうけれど真夏のような纏わりつくような暑さではなくて、ここのように日陰であれば実に爽やかだ。半そでの腕をすり抜ける気持のよい風の中、極彩色の花々を眺めながら僕はとある事を思い出していた。
それは先週あった会合の席で、休憩時間にあたまの体操と称して、難読漢字のプリントが配布されたことだった。それはクイズ形式になっていて、どう読むかを右側に記入するものだ。出席者の中でおそらく僕が一番の若いと思われる中、諸先輩方が歳の功でずいぶん正解されるのだと思っていたが、以外にもそうでもなかった。

僕がそんなことを思い出しているこの快適なあずまや。
漢字で書けば”四阿”と書くのだけれど、やはり正解の人は実にすくなかった。なぜならばこれは一般の人にはあまり(ほとんど)縁のない、専門用語みたいなもので、きっと公園(緑地)関係者と官公庁の人と建設業者ぐらいしか用のない漢字だからだ。
   

***

博学のご諸兄が大勢いる中で、意外にも上位にくい込むことが出来たのは、きっとコンピュータのせいではないかと僕は思っていた。もちろん文章を書くときや、このログの記事を書くときにも使っている、日本語変換機能のことだけど。
それは意味のあるなしにかかわらず、しかも誤変換でろうと、該当する漢字を表示してくれる実に優れたソフトウェアだ。それを何度か見てるうちに、そのリストを自然に覚えてしまう。だからけっこう難読な漢字も読めてしまったりするのが結構ある。(ただしその意味を理解しているかは別の問題だけど)

そんな生活をずっと続けてきたおかげで、何とか読むだけは読めるのだが、僕にとっての問題は文字を自筆で書く時だ。
この歳になって、時より小学校で習うような単純な当用漢字すらも、噛んでしまうときがある。 ”あれっ! このさんずいの右側はなんだっけなぁ~” という具合である。一人の時は思い出す時間があるのでまだいいのだけど、人前で黒板なり、視線を感じながら書類に記入しなくてはならないときなど実に恥ずかしい思いをしてしまう。

地名なども実にバラエティーに富んだ読み方(読ませ方)をするものも多く、素直に地元の人に訊くのが一番のようだ。この頃の道路標識もそんな声があるのか、漢字の下にローマ字読みが書かれるものも多くなった。そのローマ字と漢字を比較してたまにびっくりしてしまうのは、多分僕だけではないだろうけれど。

今回の難読漢字クイズでの横綱といえるのが ”湯湯婆” だった。
いい大人が30人近くそろって誰一人読めなかったし、間違いの回答すらなかった、いわゆる手も足も出ない状態だった。そういえば中華料理のメニューだとか言ってた人もいたけれど。




12060402

< 嬋媛とした水面 >
山形県寒河江市

これは正解者がただお一人。 実にすばらしい!

伺えば、観光ガイドをされているご方との事だ。
その時これを”せんえん”と読む事を教わった。
きっとこの機会がなければ僕の一生難読漢字の、
カテゴリに入っていた字だった。
これは嬋媛の意味を僕なりに解釈しながら現像した絵

  

***

僕の場合、最近ペンで文字を書く機会がずいぶん減ったと感じるし、計算にしても電卓やCALCソフトの普及で暗算をすることがめっきり少なくなった。人間に限らないことだろうけれど、脳の機能は使わなければ退化の一途をたどることはまちがいないらしい。それが証拠に計算にしてもそうだ。以前は5個くらい並んだ二桁の足し算はなんでもなかったのだけれど、最近(ここ10年程)はどうもいかんなぁ~と思うようになってきた。二つの単純な二桁程度の加減計算が深い思慮、または電卓の介助なしでは思うようにならなくなってきた。それはきっとサラリーマンを辞して、数字と触れ合う機会が激減したからなのだろうけれど。
インドの九九は30の段まであると、確かNHKのドキュメンタリーで見た記憶がある。それはものすごい暗算能力をすべての国民がもっている事になるのだけど。
その時に思い出したことは、二男の小学校時代の宿題だった。その時、彼は電卓を貸してくれと言ってきた。僕は憮然として”なぜ、算数の宿題に電卓が必要だ?”と問いただすと宿題のプリントを差し出された。なるほどそこには彼の言うとうり、一万以上の計算は電卓を使うようにと書いてある。けれどそれを見て僕はなんだか釈然としなかった。一万円札を出されて、お釣りを暗算で計算出来ない時代がもうすぐそこに来ているのかもしれない。


12060403

< 嫋なレイアウト >
山形県寒河江市

   








  
  

|

« 午前 8時59分60秒 という時刻 | トップページ | 色彩感覚 と 描画 のこと »

scenery (過ぎてゆく眺め)」カテゴリの記事