« 春は じてんしゃ に乗って | トップページ | Sakura の頃 (2/3) »

2012年4月27日 (金)

Sakura の頃 (1/3)

12040401a

雪国の春は、高い山の夏とよく似ている。
なぜかと言えば、高山植物の花畑によく例えられる”いっせいに・・・”という表現がピッタリする季節は他にないような気がするからだ。標高の高い山は春と夏という季節の区別がなく、いわば二つが同時にやってくる感覚なのだ。遅い雪融けと共にわずか2ヵ月程の短い夏の時間に、芽吹き・開花・それに次世代の為に種子なりを遺さなければならないし、そんな大忙しの季節が過ぎれば8月も半ば。間もなく標高の高い所から再び白いものが混じる季節がやってくる。

僕の住む地方でも一昨日あたりからSakuraのつぼみが、紅くほころびはじめた。今年はここ近年(20年程)記憶にない程開花が遅れた。昨年も大雪だったけれど、全体的に気温はさほど低くなかった。しかし今年は少し事情が違っていたようだ。
  

***

  
雪の降らない地方は実質的な冬が短いというか、比較的春の訪れも穏やかなのだろう。
草木たちはDNAに刻まれた時期(順番)を辿りながら、芽を出したり花を咲かせたりするのだろうけれど、雪という物理的な冬布団がある地方ではそんな悠長な事は言っていられないのかも知れない。冬布団がなくなった時こそ植物にとっては誰が何と言おうと、暦が何と言おうと事実上の"春"なのだから。もちろん地面にはつくしと水仙なども同居したりする。そして北関東以西のご諸兄方は信じられないかも知れないけれど、桜の他にまんさく・こぶし・梅が同時に咲いたりするのがいわゆる雪国の春だ。それに今年は堤防のヤナギやアカシアがSakuraよりも早く芽吹いたりしていて、色彩あざやかな春となった。
  

12040402  

< 旧家と生垣 >
山形県米沢市

  
Sakuraと同時に芽吹くこの新芽はこの地方独特の食用と防犯も兼ねた”うこぎ棚”と呼ばれる生垣だ。枝には鋭いトゲが無数にあって、これを分け入ろうとした曲者はひどい後悔をすることになる。なんでもこの歴史をひも解けば、直江兼続あたりからのことらしが僕がこの新芽を大好きになったのはつい最近(4~5年前)の事である。そして煮もの同様にいつもそうなのだけれど、”もっと早く食べてみれば良かった”と後悔したのは忖度された通りである。いつも思うのだがこればかりは齢(よわい)を重ねなければ判らない味覚だってあるのだ。
最近はいろいろとうこぎについての研究されていて、体によい成分(下記考察参照)がたくさん入っているとの理由で食べている人も多いと聞く。

独特の香味をもつこの新芽は色合いも美しく、炊き込みご飯などでも美しい緑色を失うことはない。この白い米と緑の鮮やかなコントラストをほんのりとした塩味と共に味わうも良し。また軽く湯に通してタタキにし、少しの味噌とゴマとかクルミを混ぜ込むと、絶好の季節を愛しむ日本酒の肴となる。そういえば初夏の頃、少し茎を伸ばしての天ぷらも外せない。

  

米沢のうこぎ についての考察

   

  
   

食事とは愉しむもので、クスリではない

どんなにか体に良いものでも、口に入れた時に美味しいという感動を伴わなければ

すでにそれは単なるクスリでしかないのだ



<  詠み人不詳 > 

   

   

  
 


 
 
 
  

|

« 春は じてんしゃ に乗って | トップページ | Sakura の頃 (2/3) »

scenery (過ぎてゆく眺め)」カテゴリの記事