« 冬のうみ (2/3) | トップページ | 昔より狭く見える通学路 (2/2) »

2012年1月30日 (月)

8年前の過去からやってきた男

12010401

ちょうど半年前の
同じアングルの絵にはこんなことを書いていた。
”誰でも知っているこのさそり座は、夏を代表する星座だ”
と。その時は芝生の上に寝そべってビールを飲みながらその絵を切り取った記憶がある。こんど僕はその芝生から1m程上空でこの絵を切り取っていた。その高さこそ言わずもがな、今ごろの雪の深さなのだ。

冬の星座の代表格であるオリオン座は、東の空や西の空で斜めになったのはどうもいただけない。
やはり南中にさしかかったこの角度でなければならないと、常々思っているのは僕だけかもしれないけれど。最初はコンパクトデジカメを持って出たのだが、どうしても両端のシリウスとプレアデス(すばる星)を1枚に収めたくて結局書斎に戻り今度は15ミリを取ってきた。

以前の記事に記した通り少年時代、僕は天文学者をめざして図書館に通って独学でいろいろと調べていた。だから星座や星の名前はいまでも関心があって機会があるごとにながめている。右上端にある小さなひしゃく星のようなプレアデス星団は、オリオン座よりだいぶ早く東の空に顔を出す。その星が見え始めると、いよいよ冬の訪れとなる。
オリオン座の左下に青白く輝くシリウスという星は天空に輝くもっとも明るい恒星で距離も8.6光年と比較的ちかい星だ。日本では昔から青星と呼ばれていると言えば解かりやすいのかも知れない。

  

***

  
僕はマグカップボトルのホットウヰスキーを楽しみながら、またたく蒼白い光を見つめていた。ふと気が付くと近くに一人の男が立っている。薄暗い中でよく目を凝らして見てると、どこか見覚えのあるような髪型にメガネをかけていたのだが、何よりもびっくりしたのはこの寒空に相応しくない真夏の服装で、おまけに手に持っているのは缶ビールだった。
僕はその見覚えのある男に矢継ぎ早に、住んでいる場所やその目的、今日の日付けの質問を浴びせてみた。彼の答えは仙台市、模索中(現在はほぼ不明)、そして日付けはなんと2003年7月なのだという。
どこかで見覚えのある男。
それは8.6年前の僕に違いなく。それは当時のシリウスから放たれた光が旅をようやく終えて、目の前に結んだ幻日のようなものだったのかも知れない。真冬の星の下で暖かい飲み物を楽しみながら、光速と時間の概念の中で描く、こんな妄想じみた回想も時には楽しいものである。
    

***

    
   

12010402

< 真冬のさくら Ⅰ >
山形県米沢市

   
  
僕の住む地方には真冬に咲く啓翁桜(けいおうざくら)というがある。
お正月に桜を楽しむのも一興で、この辺ではわりとポピュラーな新年の花である。知人が開催を知らせてくれた啓翁桜フェアはブライダル会場にて、県の農業振興課が主催したものだったが、お堅いイメージは少しもなくて市内の花店による結婚式をイメージしたアレンジも見事なものだった。さわやかなかをりの中、雪深い今ごろの慶事もすばらしいものだろう。

寒い山形だからこそ楽しめる真冬の桜。
もうすぐ暦の上では立春だけども、僕の住む地方ではこれから底冷えの時期を迎える。


12010403

< 真冬のさくら Ⅱ >
山形県米沢市

   
   

  

  

   

|

« 冬のうみ (2/3) | トップページ | 昔より狭く見える通学路 (2/2) »

seasons (季節)」カテゴリの記事