« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の記事

2011年12月30日 (金)

冬のうみ (1/3)

11120502   

もうふた月程前の事になるのだが、僕の嫌いな歯医者の待合室で順番を待っていて、、と書き始めてこれはまずいと思った。
この表現はかならずしも適当ではない。嫌いなのは歯医者に行く事であって、僕は姉と同級生の(弟だというのはたぶん彼は知らない)この歯医者さんがとても好きだからである。もし彼でなければ僕は年2回ほどのメンテナンスをとっくの昔にやめていただろう。

その待合室で手持無沙汰に手に取った雑誌に、宮城で開催されるフェルメール展の記事があった。
なんでも今春に修復を終え、オランダ本国に先駆けて世界初となる公開は、6月の京都よりスタートし宮城を経て東京は来春で終了と記されていた。なかでも僕の心を掴んだのは日本初公開となる”手紙を読む青衣の女”だ。2度目の成人式を過ぎてからなぜか、あお色に魅かれるようになっていた。なかでも青~蒼~藍のグラデーションなどは特に好きな色だ。その絵画展は初めて本物のフェルメール・ブルーにふれる事が出来るまたとない機会だった。
  

***

このみずうみは季節によって通れる道が変わるので、いま時分だと書斎から鉄の馬で約1時間と少しだろうか。
この季節はあまり訪れる事はないのだがあの時以来、僕の頭から離れない美しいブルーが恋しくて仕方なかったのかも知れない。フトその湖水の美しさを思い出し馬の手綱が向いていた。

観光施設や飲食店・土産物屋などが点在している、国道に面した東~北西にかけては、春から秋の観光シーズンや夏ともなれば湖水浴の客などでごった返するのだが、今の時期は殆どがシャッターを閉めてひっそりとしている。
けれどもせっかくなので国道沿いにある白鳥飛来地に馬を止めて、僕はしばしの間白鳥たちの戯れを眺めていた。平日の午前中、餌付けをしている人はほんの少ししかいなくて、そこから少し離れてしまえばシャッターを閉ざした、真冬の寒々とした風景が広がっていた。あたりまえの事なのだけれど鳥たちには面倒な領空や国境などあるはずもなく、途方もない距離を自分の力だけで飛んできたその翼には、ある種の美しさすら感じるのだった。
    

11120501

猪苗代湖
< 福島県郡山市・耶麻郡猪苗代町 >

僕はいつものとおり国道を東進し上戸交差点より南にむかう。
この地元の人間ぐらいしか通らないマイナーな路と場所がお気に入りだ。途中2か所程湖水浴場があるが、今の時期ここは観光客は訪れることは殆どのないだろう。この辺は比較的遠浅な部分が多、く美しい湖水のグラデーションが楽しめるのだ。真冬の水際には人っ子ひとり居なく、周りにあるのはただ吹き付ける北西からの冷たい風切り音と、たぶん凍ることのないであろう湖面の波音だけだった。

そんな光景の中で僕はあの絵たちの事をふたたび思い出していた。
19世紀になってようやく時代が天才画家に追いついたと言われるように、当時としては時代を先取りしてしまったのかもしれない。まるで写真のように精緻に描かれた”手紙”をテーマとした絵たち。
その天才が遺した作品は350年後の現代において、どんなに素晴らしいレンズとカメラそれにphoto-shopをもってしても、あの完全に計算しつくされた光の描写とディティールの足元にも及ばないという事だ。

すぐにメールで簡単に済ませてしまうというのがあたりまえと言うか、一般的な感覚になってしまった現代。
けれども手紙をテーマとした今回の絵画展は、僕にいつか誰かに長い手紙を書いてみたいという想いを抱かせてくれた。
     

11120503

フェルメール・Blue
< 宮城県仙台市 >

  
僕の中でブルーの湖水と真っ白な羽根というタグがついてしまったこの曲。  
原曲の伴奏は確かピアノの指定なのだが、僕はチェロの独奏につかず離れず寄り添うように柔らかい音色でピアノパートを奏でている、同じ弦楽器のギターの音色が好きだ。

< THE SWAN / Camile Saint-Saëns を聴きながら >

   

    

   

|

2011年12月21日 (水)

冬至の頃

11120401
日 南 の 限 り を 行 き て  日 の 短 き の 至 り  な れ ば 也
           ”暦 便 覧”

                                                  
僕は毎年この日が訪れるのをひそかに心待ちにしている。
ここ一週間程だろうか、やはり冬至間近のきわだった日脚の短さは、決して気持ちが明るくなるものではない。午後3時を廻るのを待ちかねたように、早ばやと暮色に染まりはじめる景色を窓越しに眺めながら、日没がいまより3時間も遅くなる夏至という季節の事をひたすら想っている。
だから僕にとって冬至とは一足早い正月、いや事実上の正月と言っても過言ではないのである。それは子供がクリスマスだとか、正月をゆびおり数えて待ちこがれるその気持ちに似ている。

冬至という日が一刻も早くすぎて欲しいと願う僕なのだが、じつは今頃の日差しも時期的な特徴があって好きなのだ。
それは室内の奥ふかくまで差し込む、あくまでも弱くその中に優しさすら感じるこの時期限定の陽光だ。西日の射すことのないこの書斎。普段は陽のあたる事のない部屋の奥で、この優しい陽光がおりなす光のマジックについ、見とれてしまう事がある。

昔は冬至の事を”一陽来福”と言っていたと聞いた事があった。
この言葉は確かに冬が終わり春が来るという意味と、良くない事が続いたのちに幸運に転じるという意味もあるようだ。きっと昔人たちは冬至を冬のどん底となぞらえて、ここから太陽の光が少しづつ復活して春に向かうと表現したのではないだろうか。今年うまくいかなかった事も、来年こそはきっと良い方向へ向かうのだという願いを込めて。
  

***

     
Vivaldi - Four seasons, Winter 2nd movement   この楽章は四季という協奏曲の中でも一番好きな曲だ。

< 四季・冬/第二楽章を聴きながら >

   
ソロ・ヴァイオリンが歌うように奏でる美しい旋律。
僕にはあたかも長く厳しい冬の日々の中で突然におとずれた、とあるやすらぎの時間を連想させるようなやわらかな響きに聞こえる。むかしこの協奏曲に関する何かの解説書で読んだ記憶があった。ヴィヴァルディーは冬の暖かい室内の様子を表現するための工夫を凝らし、いずれも楽譜に注釈を以て記されていたと。それらはヴァイオリンパートのピチカートで雨音を表現していたり、チェロパートで奏でられているのは暖炉で燃える暖かな炎であったりする。耳よりもいきなり毛穴から滲みこんできたこの曲が、あたかもマウスでクリックするかのように僕の脳内で起動した絵。それはあたたかな室内から窓越しに眺める冬の風景だった。
    
窓枠という額縁の中には葉の落ちたさむざむとした雑木林があり、その右手奥にはかすかに湖が見える。煙るほどではない間隔のあいた雨、それは間もなくみぞれに変わるほどの冷たい雨に違いない。暖炉の前には四角いテーブルと椅子が置かれてあり、その上に載っているのは落ち着いた色彩のポットとカップ、それにほんの少しの焼き菓子だけだ。ポットから注がれた熱いお茶の湯気の向こうには、時折パチパチとはぜるやわらかいゆらゆらしたオレンヂ色の炎がみえる。まもなく湯気と炎がシンクロしだすと、それらは水色の中にとけいるように消えてゆく。

***
    
   

11120406

< 師走の暮色-02 >
山形県米沢市

   
    
冬至を境に気持ちは春めいていても、これからが寒さの本番である事実上の"底冷え"の時期を迎える。けれどもこれからは太陽が顔を出す場所と沈む場所が、それぞれ少しづつ北側へと移動を始める。季節は巡り道路の水たまりの”烏の足跡”が付くように凍り始めるような、ものすごくすごく冷え込む夕方にフト気が付く事。それはその光景を目にした時刻こそ、冬至の頃にはもうすでに漆黒の夕闇だった時間なのだ。
厳寒の中にも”光の春”は確実に訪れているのを感じる時期がもうすぐやってくる。冬来たりなば春とおからじ・・・・・と。

   
    





    

   

|

2011年12月11日 (日)

今年最後の11日にオモフ事

11120301







      
     

 

 

|

2011年12月 8日 (木)

遅いランチ

11120201
  
所用の帰りに看板を見つけてふらっとよったカフェ・レストラン。
昼メシの時間としてはだいぶ遅く午後2時をまわっていた。たぶん空腹感のせいだろうか、ひどい孤独感を引きずって店のドアを開けた。そして入口近くのあまり明るくない、小さなテーブルの椅子を引こうとすると、主人が奥の席をすすめてくれた。目をやるとそれはお一人様の僕にとって大広間のように広すぎる6人掛の席だった。一人だからと断ったのだが、客の途切れる時間帯だったのだろうか、景色が良いので是非にと二度ほどうながされて、本当はあまり気のりしなかったがせっかくなのでその席に着いた。奥のエリアにはふた組の先客がいた。
   
なるほど、先ほどのカウンター横の小さな席に比べたら段違いに明るく開放的で、窓の外にはとがった教会の屋根やヒマラヤスギの木々が見える。一人ぽっちの寂しいランチの話相手は、主人の言った通りに窓から見えるこのなかなか見晴らしのよい景色だった。
   
   

< and that's that を聴きながら >

  

11120202

< 倖せへの門出  Wedding Ⅰ >
福島県耶麻郡猪苗代町

   
   
程なくパスタをフォークに巻いて口に運んでいると、少しづつ気分がやわらいできた。
僕という人間は実にげんきんなもので、たぶん空腹感で増幅されていたであろう孤独感はもうどこへやらだ。ようやくゆとりを取り戻した僕の耳に、特に意識をしなくても入ってくる彼らの会話のトーンは幸せに満ち溢れていた。そんな中で流れていたのはさり気ないオーケストラ中を、踊りながら他のパートと会話しているピアノ。それは僕の大好きなカウント・ベイシーなのだが、お二人様の空間には特に必要なさそうだ。
   
ほど良く上昇した血糖値と彼らの楽しそうな会話と笑い声。そこに控えめに流れている”C・B”のコレクションは、この席についた時の少し沈んでいた僕を十分にしあわせな気分にしてくれた。



11120203

< 倖せへの門出  Wedding Ⅱ >
宮城県仙台市

  
  

僕は今までキリスト教式のウェディングに参列したことはない。
それよりも、縁がなかったというのが正解なのだろう。(なぜならば僕の友人・知人にはクリスチャンがいなかっただけなのだが)式の形態はどうあれすべてのカップルに、倖せ(逢うべき人と出逢える事)になってほしいものである。

そんなお二人さんたちがもう既に倖である事を願いながら、僕はひと足先に席を立った。










   

|

2011年12月 1日 (木)

11ヵ月間の時間的感覚

  

今は 03:00 p.m. を少し廻ったあたりだろうか。

人生を一日に換算すると僕の現在位置はきっとこんな時間帯なのだろう。今は日あしが短くて滅入ってしまうような季節だが、夏至の頃ならばこれから日没まで十分に一仕事ができる、まんざらでもない時間帯だ。

今朝破いた月めくりのカレンダーも最後の一枚となり、フト気が付くともう師走である。
そう言えば鯉の旨煮(僕の地方ではお正月などに食べる)と、からかい(これもお正月、エイヒレの煮こごり)をつい先日に食べたばかりと思っていたのにである。かの有名なジャネーの法則という心理的魔力に、年々いや月々苛まれているのもたぶん僕だけではないのだろう。

子供の頃のあの永遠に続くような夏休みの感覚や、学校から帰ってから眠るまでのほんの数時間の充実ぶりは、やはり歳を経たから感じるのであってその心理的な時間の長さは、年齢の逆数に比例するという数式でちゃんと説明できるのだ。
   

 


< Those Were The Days を聴きながら >

  

若い頃は目の前に時間と言う海が洋々と広がっていた。
あの頃はあまり金はなかったが、たっぷりとした十分な時間だけはあった。僕自身もその頃は時間と金を秤に掛ける術すら知らなかった。
いや、その必要も無かったというのが正解なのだろう。



11120101

< 午後3時の道程 >
山形県米沢市

***

  
”箸が転がってもおかしい年頃”といっても、僕は男なのでその感覚がよく判らないのだけれど、その時に比べれば現在は約3倍のスピードを以て時間が流れている計算になる。あの頃暇をもてあそび漫然と過ぎた24時間が、現在は感覚的にたった8時間で過ぎてしまうことになるのだ。その頃との環境や立場=仕事量と考えると一概にも言えないのだが、いつ頃からだろう、速さと便利さを求めて時間を買うようになったのは。
   
   

11120102

< 午前5時の洋々と広がる時間の海 >
山形県米沢市

***

  
  
僕の大好きな相対性理論によれば、重力は時間を遅らせるという。
これは地球のコア(核)に近ければ近い程時間の進み方が遅くなる訳で、理論上は1階より2階の時計の方が早く進むことになる。海抜0mの東京湾よりも約250m程標高の高いこの街は時間の進み方がすこしだけ早いらしく、なんとなく損をしている気分だ。

   

   

 

   

   

   

|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »