« 標高1199m 兼続の見た光景 | トップページ | 11ヵ月間の時間的感覚 »

2011年11月24日 (木)

雨ふりと 虹の情景

  

「 雨音の耳鳴りの中で目が覚めた月曜日の朝。
カーテンを引いて窓を開けると、通勤の車が轢いてゆく路面の水たまりの音や灰色のどんよりとした空に、気持が反射的に少しだけ沈んでしまう。けれども昔(若い頃)とは違いそのまま憂鬱な気分に陥ることはなくなっていた。
そんな休日は少しだけ沈んだ気持ちを乗せて、海底に向かって出発するガラスのエレベーターに乗るように・・・
目のさめるような明るいブルーから藍色へ、そして紺色から濃紺色へと美しいグラデーションの中をゆっくりと下りてゆくような感覚の中で、過去に起こったいろいろな事を思い出している事が多い。それらは必ずしも”後悔”とか”感傷”とかいうようなネガティブな感情ではない。
ずっと長い間取り出すこともなかった、忘れ去られていたような古いアルバムを開く時のようにとても穏やかで、静かな時間なのだ  」
  

< 雨の訪問者を聴きながら >

***

雨の日の博物館。
ましてやこんな小さな街で、平日の来訪者はそれほど多くはない。以前から雨の日にと思っていたここのCaféで、僕はぶ厚いガラスにさえぎられた音のない雨粒の軌跡を眺めながら、この雨の日の文章を考えていた。帰りの道すがらこの傘にあたる雨音すらも、やがては愛おしくなってしまうであろう季節のうつろひの中にて。

     

11110301_2

  < 雨の月曜日 伝国の杜にて >
山形県米沢市
   
   
 
 


< 雨濡れても  Andy Williams-ヴァージョン を聴きながら >

  

初冬の虹。
虹とは見た者を幸せにすると言う。この絵を見られた御諸兄にも素晴らしい幸せが訪れることを願いながら。

いつもの事なのだが、虹への距離感がどうしてもつかめない。
中央のベージュの建物は病院なのだが、そこから手前なのか、奥なのかすらも判らない。子供の頃ずっと虹を追いかけていた。虹は遠くから見るといつもきれいなのだけど、近づくと虹そのものは見えないし、その下は必ずひどい土砂降りと決まっていたのを覚えている。
     

11110302_2
< 初冬の虹 >
山形県米沢市

 
これから僕の住む地方はときおり時雨れる時期を迎える。
晩秋の名残の冷たい雨と冬の使者である雪(みぞれ)とのせめぎ合いの季節だ。先ほどまでの暴風のような雨音の耳鳴りがふと途切れた事に気が付き、雨が止んだのかと窓を開けると北極圏にでも引っ越したような冷気が室内に流れ込み、あたりは一面の雪景色となっていたりする。
   

***

いつか見た海に降る雪・・・降り積もれない哀しさと、消え入る直前の一瞬のまばゆさをふと思いだしていた。

***

  
  

恐らく
ある種の不健全な心の持ち主でなければ
詩人にはなれないし
詩を楽しむことさえできない。


トーマス・マーキュリー


    

    

     

    

 

|

« 標高1199m 兼続の見た光景 | トップページ | 11ヵ月間の時間的感覚 »

scenery (過ぎてゆく眺め)」カテゴリの記事