« スピリット アンセム spirit anthem (2/2)  | トップページ | 音楽といふ記憶について »

2011年10月31日 (月)

オヤジさんのこと

親友がいつも招待してくれる鮎茶屋が、今年は僕ひとりだけの不都合で中止になってしまった。
そんな彼から今月初め、今度は秋刀魚茶屋の開催を知らせるメールが届いた。この事は先月、カヲル水を飲んだあの雨の月曜日から、ずっと気になっていた事だ。秋刀魚茶屋は今度こそ僕が主宰せねばと思っていたのだが、結局先を越されてしまった。

***

僕は小学生入学直前に父親を亡くしている。
親友の父親であるオヤジさんとの出会いは、もう30年以上も前の事になるだろうか。彼にとっては実の父親な訳で、様々な忠告や助言はいつも”うるさい”と言うような仕草で返答していたものだっだ。けれども父親のいない僕にとってはそんな会話が実に楽しく、貴重な時間だったのを良く覚えている。

 
若気の至りを隠れ蓑にして皆で飲んで騒いでいた夜に、オヤジさんは時折差し入れか何かを持って混じってきて、いろいろな話を聞かせてくれた。実の息子にしてみればきっとうるさかったのだろう、彼の不機嫌さと裏腹にいつも話終えると引き留める僕を、横目に見ながら早々と寝室に引き揚げていったものだった。
  
 

11100601

< Mr. Bankara_TATSU >
山形県米沢市

  
  
最近(ここ10年程)オヤジさんとは年に1度程しか、顔を合わせることはなくなっていた。
ひどい時には2~3年振りという時もあった。この日は期待して来たのだが、彼の話ではオヤジさんは町内のいも煮会に出かけているとの事だった。僕は残念な気持ちでいっぱいだったのだが、それは日もだいぶ傾きかけた頃だった。
聞き覚えのある声で振り向くと、後ろの道路になんとオヤジさんが現れていて手を振っているではないか。僕は思わず箸とグラスを放り出して駆け寄った。お互い酔っぱらっているので、握手をするわ、抱き合うわ、帽子とサングラスを交換するわで、肩を抱き合いながら宴席に戻った僕らを親友はヤレヤレ、こいつらは・・・という呆れた表情を浮かべながら笑って迎えてくれた。

僕のサングラスをかけてポーズをとる、なんともとっぽくて素敵な、そして愛すべきオヤジさんである。きっと昔はバンカラを絵に描いたような学生生活を送ってきたひとなのだろう。


11100602

< ウヰスキー  2011 >

  
 
茶屋の席で僕は彼の事を、親しみをこめて”親方”と呼んでいる。
なぜならば彼の友人も含めて、すべてが招待された客人(手伝いはさせてもらえない)として迎えられるからだ。まず最初にかれ流のもてなしである、冷凍庫でキンキンに冷やされたグラスに、いつもわざわざ用意してくれている僕の大好きなモルトビールを皆で満たすと、親方の合図で4カ月遅れのあゆがサンマに代わってしまった茶屋が賑やかに開店した。

***

いつも返信メールの末尾に”ハイボールは俺にまかせろっ!”と一行付け加えている。
僕にとってその時に飲む、飲まないは別にどうでもいいことで、他の友人も含めアルコールの選択肢が多ければおおいほど、のんべぇにとって安心するものなのだ。親方同様こだわる所にはキッチリこだわり、今年もウヰルキンソンのタンサンを求めたのだが、壜は手に入らずはからずもペットボトルとなってしまったのだ。モルトビールもほとんどたいらげ、また少し気温も下がって来たので、みな温かいものにスイッチする中、このNEWSのハイボールに憑かれてしまったのは、なんと親方の友人であるスーさんだった。
実はこのラベル、懐かしいと思われたご諸兄方もいるのかもしれない。多分販売ルートか地域性のせいなのだろか、春にこのラベルを見たのは実に二十数年ぶりだった。いまでこそ酒税法が改正となり、かなりリーズナブルになった高級国産ウヰスキーなのだが、それを買えなかった時代、ネーミングも気に入ってよく皆で飲んだ。安いウヰスキー特有の少しピリッとした印象が色濃い青春の味なのだ。
  


11100603

< 斜 陽 >

  
  
親方のこだわりぬいたアテの行列に、僕ら客人はひたすら恐縮していた。
だいぶ毒も回り、いよいよ秋刀魚の出番となったが、いったいどこから仕入れてきたのだろうと、ビックリするくらいに大きな秋刀魚だった。炭火に落ちたあぶらが白く香ばしい煙を大量生産するなかで、僕ら客人は実に楽しい秋の日を満喫していた。

夏至のころでは考えられない程、日あしが短くなった事にフト気が付く。
秋刀魚が焼きあがるとそこに親方は多量の炭を追加した。季節(時間)の流れは夏にあれほど嫌っていた火の傍らに、今度は人を引き寄せる。炭火のそばに椅子を移動して、オジさん達のオトナ茶屋は延々と続いた。
   

***

そろそろお開きという頃。
かなりアルコールが廻った頭の中に、なぜかしら”北風と太陽”のイソップ寓話がフト思い浮かんでいた。

  
  

冷酒と親父の小言は、あとで利く

< 詠み人不詳 >

   






    

|

« スピリット アンセム spirit anthem (2/2)  | トップページ | 音楽といふ記憶について »

color (色)」カテゴリの記事