« スピリット アンセム spirit anthem (1/2)  | トップページ | 活字を辿るカンキョウ »

2011年10月10日 (月)

十三夜 と 寒露

   

今年は十三夜と寒露がぴったり同じ日にマッチした。
とかく世間から脚光をあびる傾向の多い十五夜(中秋の名月)に対し、十三夜には少しマイナーなイメージがあるのは、きっと僕だけではないのだろう。ずっと昔の話になるが、十五夜を観た後は翌月の十三夜も観ないと、確か片見月と言って良くない事なのだと言うのを聞いた事があった。それが何を意味しているのかその頃は良く判らなかったけれど、ネットで見てみると地域性があったりとさまざま諸説があるようだ。
  

< Moonlight serenade を聴きながら >

  
周囲の空に明るさがまだ残る東の空に昇ったばかりの月。
これこそ絵になる定番の月で、肉眼で観るには一番美しいように思うのだ。けれども、いかんせんこの時間がとっても短いのである。月の出から時間が経って、高度と明るさを増した月は直接観ると、うさぎが見えるどころか眩しさばかりを感じてしまうのだった。


11100201

< みなもの 十二夜 >
山形県米沢市

  
  
だからであろうか、平安時代の貴族も観月の宴や舟遊びと称して、杯や揺れる水面に月を映して愉しんでいたようである。
これは実に粋な遊びだったのではないだろうか。たぶん僕がそれをやろうとすると、きっと(いや、必ず)杯の中身には思いっきりこだわるのだろうけれど。まぁそれとはまったく関係のない話だが、今年はどうした訳か十五夜も十三夜も外(の屋内)での観月(灯)となってしまった。
だから今回は残念ながら前日の十二夜なのだ。
  
  

11100202

< 2011-十二夜 >

   

当時、時の天皇は他に並ぶものがないほど美しい月だと讃えていた、と言うのを聞いたことがある。
満月のように完全ではないこの慎ましさが、日本人の心を魅了するからなのだろう。この月を見ていてフト心に浮かんだ曲があった。それは
荒井由実の十四番目の月だった。”次の夜から欠ける満月より14番目の月が一番好き”というこの歌詞は、僕の中ではなんだか遠い昔、
中学校の頃か学生時代の土曜日の夜の感覚に似ていた。

***

   
ふと周囲を見渡せばいつの間にか、周りにはすっかり秋本番の気配が漂っていた。

11100203

< いつもの日常風景 >
山形県米沢市

   
これから寒さに強い菊の花が最盛期を迎える。
僕の地方では菊(食用種)はごく普通に食べる習慣があるのだが、場所が変われば菊は食べる事はないと聞いた。この菊が食卓にのぼると
このあたりの人たちは、冬が間近い事を感じとるのである。

11100204

< 2011-寒露 ・ 朝の眺めと 旅人 >

  
くしくもこの日を待っていたかのように、僕の住む盆地が今年初めての霧につつまれた。
それほど気温が低くなかったので、近くの河川敷をのんびりと歩いてみる。 春は霞、秋は霧。 同じ現象でもかすかな趣の違いを感じ取り、
言葉を使い分ける日本人特有の感性が好きだ。
    
    
    
   

   

   

    

|

« スピリット アンセム spirit anthem (1/2)  | トップページ | 活字を辿るカンキョウ »

seasons (季節)」カテゴリの記事