« は く ろ の頃  (2/2) | トップページ | スピリット アンセム spirit anthem (1/2)  »

2011年9月17日 (土)

カヲル 水 (Flavor water)

 

その水は”ほのかに”というよりは、”かすかに”という感覚に近い、オレンヂのかをりを感じる水だった。

これはつい最近のことなのだが、僕にとってフレーバー・ウォーターというものとの、偶然且つ初めての出会いの日だった。
   

11090301

< フレーバー・ウオーター >
山形県山形市

 


そこは坂道のつづく路で、ふと見つけたCafé。
時計を見るとまだ11時少し前。いつも休日の朝に行うルーチンワークをバタバタとこなして出てきたので、少し喉が渇いた感覚を覚えていた。

駐車場には車は停まっていなくまだ開店前か、休みなのだろうと通り過ぎようとしたとき、不用意に店のドアが開き、エプロン姿の人影がチラッと見えた。通り過ぎてしまった車をバックさせると、主人と思しき人が”鍵-coffee”の看板を踊り場に引き出そうとしていた。駐車場にお尻半分だけ車をいれて、こちらを見ているその人に親指を立てたこぶしを翳したのだが、意味が通じないらしくポカンとした顔をして見ている。
今度はOKサインをかざすとようやく意味が判ったらしく、愛想良く笑いながら頷いてくれた。運よく開直前の入店交渉の成立である。

  
そこで供された水を一口含んだ時の印象が、冒頭の感覚だった。
けれども僕は喉が渇いていたので一気に飲み干し、もう一杯の水を所望すると、「同じものでいいですか?」と聞かれた。その時は”えっ?”と
思ったのだが、彼女に言われてメニューの端を見ると、”好みで選べるフレーバー・ウォータ(無料)”と書かれてあったのだった。先ほど感じた
極々うすく心地よい香味は、気のせいではなかった事を初めて知った。

その中に”季節の野菜”というのがあった。
おとな気ない話なのだが・・・・・野菜の中でどうしても苦手なものが実は一つだけあるのだ。残すのも悪いので最初に訊いてみたのだが、どうやら”それ”ではないようだ。

***

暫し待つ間に、レストランなどでフランスの有名なスプリングウォータや、ひどくクセのある超硬質のミネラルウォータを供された記憶や、外国人にとってオーダーもしないのに、しかも無料で水が出てくる日本という国に驚いた話を聞いたことがあるのを思い出していた・・・

程なく先ほどの”季節の野菜”が運ばれてきた。
野菜の名前はあえて訊かなかったので、興味津々である。一口含むと昔飲んだ韓国焼酎の記憶が甦って来た。そうなのだ、それはきゅうり
(カッパ)なのだった。きゅうりは僕の好きな夏野菜の一つで、あの爽やかな香りが大好きなのだ。この水はどうかと聞かれて、思わず駐車場にて理解してもらえなかったgooのサインを出していた。

***

僕は渓流魚(岩魚・山女)以外の川魚はほとんど食べない。
けれども香魚(あゆ)だけは別格だった。御存じのご諸兄も多いと思うのだが、鮎の腑は通常の川魚の生臭さとはかけ離れた(次元が違う)
本当にきゅうりの香りがするのである。この鮎を香魚と呼び、初夏の味覚として愉しんできた日本人の味覚・感性は素晴らしい。またこの味覚にあやかる事ができる国に生まれてきたことも、感謝しなければならないのだろう。
 
そういえば6月に親友が主催する鮎茶屋の開催を知らせるメールが舞い込んできた。彼が親方となって焼いてくれる鮎は、僕にすらその仕入れ先を決して明かさない、ビックリするほどおおぶりなものなのだ。それが炭火で焼かれ、野趣溢れる香りが漂うと、普段よりずっと(たぶん数倍)アルコールがすすむのだった。けれども今年はどうしても彼らと僕の都合が合わずに、今年は見送りとなってしまったようだった。別に他に参加する彼の友人もいるので開催しても良かったろうにと思ったのだが。 そうなのだ、彼はそういう男なのだ。来月あたりに今度は彼とその友人の為に、僕が秋刀魚茶屋を企画しなければならないだろうと思った。
   

11090302

< 雨の月曜、Café テラス >

   
   
コーヒーを飲みながらぼんやりと雨に濡れたこのテラスを見ていたら、僕はこれから向かおうとしていた目的地を何となく変更したくなっていた。
何か特別用事があったわけでもなく、ただそこに行ってみたいという思いだけで、出掛けてきたのだけなのだから・・・

  
2杯目の水を飲んでポッカリと浮かんできたのは、きゅうりの入ったグリーンサラダだった。
少し早い昼飯もたまにはいいなと思い、メニューの中からオムライスのサラダセットをチョイスした。「これは特別な難しいものではないし、ネットで調べればいくらでも作れますよ」という言葉に後押しされて、後日”書斎”の冷蔵庫には酔いざまし用の御神水が2種類程、仲間入りした。

  
 

こんな雨の日には時間が少しだけ・・・ゆっくりと流れるようだ。

< Rainy days and Mondays を聴きながら >

    

    

  

  
   

|

« は く ろ の頃  (2/2) | トップページ | スピリット アンセム spirit anthem (1/2)  »

scenery (過ぎてゆく眺め)」カテゴリの記事