« 旧盆と青リンゴ、そのころまだ麦茶 | トップページ | まるで 昨日のことのやうに (Ⅲ) »

2011年8月20日 (土)

暑さの肌触りと 盆休みの感覚

  

『旧盆と青林檎・・・』の次の日、やはり後悔してしまった。
いつもと違うシュチュエーションは、飲みすぎる原因を間違いなく提供してくれるのだった。最初は想定される翌日の”不快感”に対しては必ず、認識ある過失というスタンスで飲み始めるのだが、Alcが大脳皮質を侵す頃には困ったことに、いつの間にか未必の故意にちゃんとすり替わっている。きっと酒好きのご諸兄ならばこの感覚は、御理解いただけるかと思うのだが・・・・・失礼。
 

11080301

< 水面の残暑 >
宮城県川崎町

  
今の季節は仕事柄一日中、空調の中で過ごすのがごく日常となっている。
そんなに汗をかくこともなく、喉の渇きもそれほどではないので麦酒の感動もそれなりなのだった。それと共に齢を重ねるとなんとなく日差し(直射日光)を無意識に避けるようにもなっていた。それで僕は予てから考えていた自分の皮膚を、夏の暑さ(気温)に一日曝してみようと思ったのだった。
現代医学の常識である、「失われるべき水分は事前に摂る」の鉄則に則り、1リットルの水を飲み干すと、エアコンの利いた鉄の馬から、32°の気温の中へと繰り出した。ずいぶん久しぶりの夏の肌触り。でも心地いいと感じたのは最初の30分位だろうか、頬を汗が流れる感触は随分と久しぶりの感覚だった。このくすぐったいような感覚は以前、いつもこんな中で仕事をしていたサラリーマンの頃を想い出させてくれた。

***

その頃のお盆休みや正月休みは、やはり特別な休日だった。
でも単純にそれは出社しなくてよい、単なる連続した日にちだけでしかなかった。あそこに行きたい、何をしようとか随分と綿密に計画を考えたものだが、その生活を辞してからその感覚もだいぶ薄くなった。
というのは、仕事と私用の明確な区別(たぶん出社と退社と言う行為)がなくなってしまったからではないかと思っている。そして僕の場合、仕事場(兼書斎)にいると自宅にいるよりも妙に落ち着くのでだった。実を言えば、僕を良く知る人さえも知らない事だと思うが、自宅には自分用の歯ブラシも洗面タオルも存在しないのである。つまり休日でも必ず洗面の為に此処にやってくる必要があるのだった。雪深い真冬、それも元日でもその習慣は変わることはない。

そういえばそんな話をして盛り上がったのはいつか記した、(ランチタイム 最後の客)の店の主である。彼はさすがに店には洗面道具は置いてないのだろうが、休日に何処かに出かけた時でも、帰りには必ず一度は店に立ち寄るそうである。
これは僕の想像なのだが、店のドアを開けいつもの空気(匂い)の中で、今日何処かで充電してきた自分と、明日からの新しい週の仕事の事を想うのだろう。
会社員の時には休日に会社に立ち寄るなど、あまり考えたくない事だった。しかしそこが自分の仕事場(ステージ)となると変わるものである。お盆やお正月休みは、子供も大きくなってしまった今では、単に世間体の為に取るようなものであって、早くそれが終わって大手を振ってここに居られる、日常的な仕事生活に戻った方がずっと気持が落ちつくようである。

***

午後になると雲行きが怪しくなり、突然のにわか雨が降りだした。
それが上がると何事もなかったように再び太陽が照りだした。先ほどの雨を容赦ない夏の日差しが気化させた。それこそ湿気が全身に纏わりつくというのだろうか、熱帯のジャングルってこんなんだろうなと歩きながら考えていた。

110803b2
公園の中には様々な花が植えられていた。
しかし花の名前にはまったく疎い僕にとっては、どれ一つとして名前すら知らないものばかりだったのだ。まぁ強いて言えば上の絵の右側のひとコマは確かキンギョ草・・・だろうか?
花に関してはこんな程度しか知らないのだった。でも心休まる花の美しさに開眼してしまったのは、4月の記事に記した(春色 Blue-sky 地上支部) 通りである。

110803b3
< 季節の花 >

 
ゲートを入って間もなくのところに『時の広場』という、不思議な巨石の広場があった。

案内には

>かつて東北地方がその中心だった縄文文化の土器の模様をモチーフに、
>「混沌の中から生まれた生命の根源と未来に向かって力強く成長してゆく悠久の時の流れ」をコンセプトとする巨石のひろばです。
>生命の根源(アンモナイト)、人間の生命のひろがり(ビー玉で形作られた渦)、人間の躍動感(巨石)を表現しています。

と記されてあった。


11080302

< 縄文の記憶 >

  
なんだか昔懐かし見慣れた風景に思えた。
遠い遠い昔、こんな景色の中で暮らした記憶がありそうな・・・そんな想いにさせる光景だった。

帰路に偶然通りかかった道すがら、今年初めてのひまわり畑と出逢った。 

110803b1

< 夏の夢 >



今年の夏は偶然出会った、この一枚のひまわりの絵で閉じたいと思う。 毎年この季節に一度は聴いてみたいこの曲と共に   



< 夏の終わりのハーモニーを聴きながら >
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 

|

« 旧盆と青リンゴ、そのころまだ麦茶 | トップページ | まるで 昨日のことのやうに (Ⅲ) »

scenery (過ぎてゆく眺め)」カテゴリの記事