« 知らない街を歩いてみたい | トップページ | 盛 夏 »

2011年7月30日 (土)

7月の夕立・美術館・そしてヨウスイ

 

それは夕立特有の短時間なのだけれども、激しい雨だった。
11070501

< 夕立の借景 >
福島県北塩原村

 

 
水無月最後の休日、僕はお目当てのコレクション展が開催されている、とある美術館の中にいた。  
そろそろ戻ろうかと思い、特別展示室を出ると外はすごい雨だった。けれども突風の類は吹くことがなく、周囲の景色も煙る事はなかった。
この美術館は一般駐車場までは150メートル程歩かなければならない。駐車場までの貸し傘はあるのだが、なんとなく戻しに来るのも面倒のような気がした。その時僕は珈琲のかをりの中、池のみなもにおちる雨粒を眺める事の出来る、このMuseum・Caféで晴れ間を待とうと決めた。
比較的人が混んでいない平日の地方美術館ならでは選択肢なのだ。

カップには Dalí の『うちゅうぞう』がプリントされて、美術館の雰囲気に十分浸ることが出来る。残念ながらその時間は裏磐梯こそ見えなかったが、大きな四角いソファにゆったりと包まれながら、まさに雨の借景を堪能できた時間だった。

   

11070503

  
  

     
この美術館を訪れるのは2度目になる。
Café も新しくリニューアルされたようだ。前回は時間があまりなく、半分駆け足で出入りした記憶があった。そのとき思ったのはやはり美術館とは、何かの娯楽場のように時間の隙間に訪れる場所ではないと言う事だった。自分の中でもその環境に入ってゆくそれなりの準備が必要なのだ。当時流行りの印象派とは全く違うカテゴリで作品を作ったこの巨匠は、あえて僕なりに言えば抽象派とでも言うのだろうか。その辺の評価は美術評論家にでも任せておくとして。

今回も作品を見ていて、ふとヨウスイの曲が浮かんだ。
巨匠とヨウスイ。
僕の中での共通点・・・・・それは [最初は奇妙] とでもいうのだろうか。初めは意味が良く解からないのだが、見て (聴いて) いるうちにスッと心 (それもかなり深い部分) に入ってきて、それぞれが意図した印象を残していくことだった。
  
  
  

< リバーサイドホテルを聴きながら >

  
歳を重ねる事によって醸される味も、実にいいものだと最近思う。
若い頃の彼もいいのだが、ことさら還暦を過ぎて深さというか、奥行きが出てきたように思える。僕の第二の人生の期限はいつまでなのだか分からないけれども、彼のように味(風味)のある齢(よわひ)を重ねていけたらと思うのだった。
   

***

   
ここには音声ガイドが備えられていた。
台数に限りがあると案内には記されているが、確か15台程はあったような気がする。イヤホンを右耳に掛ければ、自分専属の学芸員が付いてくれたような気分で、作品の解説を聴くことができる。ご諸兄方も何かの折に来館された時は、無料なので是非とも活用頂きたい。

11070504110705040111070505

< 2011-07 の追想 >

  
なんでもこの水連は今年初めて花をつけたらしい。
雨粒で少しとりみだしているみなもをボンヤリ眺めていた。珈琲のかをりの中で何故か心の中に浮かんで来たのは、陽炎の中で永遠に続くような、少年の頃の夏休みだった。



11070506

< 遠い夏休みの小川 >

  
  
朝から真夏の空が広がり、真っ黒日焼けして遊びに興じたものだった。
河での水浴びや、カブトムシやクワガタを捕まえたり。そういえばあの頃いわゆる『秘密基地』を作るのにも夢中だった。ムッとした草いきれの中で見上げた空に、大きな入道雲がもくもくと湧き上がり、それが近づいてくるときまったように訪れるのは夕立なのだった。
  
  

singing after the rain!

< 少年時代を聴きながら >

その夕立があがり、遠雷のなか涼しさの訪れる頃には、こんどは夜祭りが始まる。 子供なりに忙しかった懐かしい夏の記憶である。
 

***

  
この記事を編集していて、違う季節(たぶん紅葉の頃か、葉が全部落ちた閉館の頃)に再び、このコレクションと借景を眺めたいと思った。
  
自分の ”書斎” 以外にお気に入りの場所がたくさんあるということは、実に幸せな事だ。   そして
いつの日か・・・けれども訪れることは叶わないであろう 場所 を、いつも心の中に秘めていられることは、もっと幸せな事だ。

 
 
 
 
 
 

 

|

« 知らない街を歩いてみたい | トップページ | 盛 夏 »

scenery (過ぎてゆく眺め)」カテゴリの記事