« 夏 至 の頃 | トップページ | 魅かれる うつわ »

2011年6月30日 (木)

まるで 昨日のことのやうに (Ⅱ)

 

6月5日
いままでその日は何度か通り過ぎてきたけれどついに今年、過去の日とその曜日がマッチングしてしまった。閏年の時は平年より一つ早く曜日が進むので、それはもう6年も前の出来事だったのだろう。
僕自身の為にも今月のうちに、必ずここに記しておかなければならない記憶があった。

***

当時僕はある車を所有していた。それは国内の某メーカーがあるレースに出場するために開発した車で、その頃僕にとっては一度は操ってみたい憧れの鉄の馬だった。初代の型の新車が欲しかったのだが、モデルチェンジの3ヵ月も後の事でやはり中古しか見当たらず、しかたなく当時現行モデルであったこの新車を購入したのだった。

1106051

クルマに詳しい御諸兄ならば御存じだろうが、いまから10年程昔は当時の運輸省により、市販車のエンジン最高出力は280psに規制されていた時代だった。しかしこの車は本来レース仕様なので、市販の為その規制に合わせて箍をかけていただけだった。だからそれを少し弄るだけですぐに400psを超える基本性能を持っていた。だがもうその時点で所詮市販車としての強度しかない他のパーツが、悲鳴を上げて壊れていくのだが。

1106052_2

趣味に没頭する男は困ったことに、結果よりもまさにそこに至るプロセスを大事にする生物でもあった。エンヂンに火を入れるというのは、
ご諸兄方が単なる車のエンジンをかける事と、要件的にはまったく変わりない行為なのだという事を御理解いただきたい。

1106053 1106054 
まだ幼かった二男が、松葉杖をついて退院してきた僕に言った。
『ジーテーアールでころんだのぉ?』と。 それはいつも自転車や走ったりして転んでばかりいる彼らしい言葉だった。 
僕は、『あぁ、そうだ・・・ころんでしまったんだ・・・』 と言って彼の髪がくしゃくしゃになるほど撫ぜ廻した。
僕にとって繋がれた命をしみじみと感じた時だった。
その頃、下の文章と出逢った。それは濾紙に水が沁み込むように僕の心に入ってきた文章だった。
   

< 願 い >

誕生は死への旅立ち

いつか死を受容するのは命の約束

それが、無残で残酷なものでないことを

安らかで穏やかな終焉である事を

作者不詳

───────────────────────────────────────────────────────────── 

今回はトークンまで解析するようになった、最近の検索エンジンロボットの目をかいくぐる為に、マニアックな単語が含まれる部分を絵として処理したので、ますます読みにくくなってしまった事をお許し頂きたい。    筆者(記) 

───────────────────────────────────────────────────────────── 

  

  

  

 

|

« 夏 至 の頃 | トップページ | 魅かれる うつわ »

記憶のFilm」カテゴリの記事