« 春色 blue-sky 地上支部 | トップページ | さ く ら の頃 ( 2/2 ) »

2011年4月30日 (土)

さ く ら の頃 ( 1/2 )

  

早いもので4月も末日をむかえた。
今頃はもう葉ざくらの時期なのだが、今年はようやく7~8分咲きといったところだろうか。

この堤防沿いのさくら並木も例年ならば花吹雪も終わり、あちこちに新緑が目立ち始める頃なのだけれど、今年は満開の時期が5月へとシフトするようである。この風景を眺めている僕は4月が10日間程延長されて、40日になったような嬉しい気分なのだった。

Sakura_tree_

< 春の原風景 Vol.1 >
山形県米沢市 

  

さくらの咲く頃になるといつも思い浮かぶ光景がある。
それは遠いこどもの頃の春祭りの記憶だった。

この地方の"上杉神社春祭り"は今月29日~来月3日頃までなのだが、近年はさくらが散ってから祭りが開幕するというパターンだった。僕がまだこどもの頃はこの春祭りとさくらの開花時期はピッタリとリンクしていて、お祭りのワクワクした気分がさくらに助長され、意味もなく高揚した気分で過ごしていたのを良く覚えている。
そして連休最終日の5日。
あんなにいっぱいあった出店が殆ど居なくなり、空から舞い落ちる花びらで堀のみなもが薄ピンクに染まってゆくさまは、こども心にも祭りの終わりを告げる実に寂しい光景なのだった。

***

昨年さくらと春祭のリンクが嬉しくて、夜祭りに出かけてみた。
以前は夜店が堀端いっぱい両側にあったものだが、近年は片側だけになり、その長さもだいぶ短くなってしまっていた。
そして何十年振りだっただろうか、手に取ったのは懐かしハッカパイプだった。
昔からこれに関して僕が最優先するのは、デザインよりもハッカの容量の方だった。そのことを遠慮がちに言ってみると、差し出されたのは昔とちっとも変わらないパイプ型のものだった。その懐かし味と言うか、かをりの中で浮かんできたのはずっと昔、夜祭のとある光景だった。

それは堀の水上に造られた店名のない"飲食店"とでも言うのが正しいのだろうか。外軒を囲むようにずらりと下げられた派手な提灯。薄っぺらな茣蓙の上に形と高さの統一されていないちゃぶ台が並び、その上には裸電球がぶらさがっていた。入口に誇らしげに並んだ酒瓶と水面に反射する提灯の灯りが、まだこどもの僕にとってはそれこそ怪しげな不夜城のように見えたものだった。そこに出入りする大人達に一種の憧れのようなものを抱いていたのだろう。僕も大人になったら一度入ってみたいと思っていたが、いまではそんな店自体を見かける事もなくなってしまった。

Sakura_tree__2

< さくら並木 PM5:15 >

  
このさくら並木を抜けた橋の袂を左に曲がって23メートルの所に、ピッツァがすごく美味しい店がある。テラコッタ色の外壁と窓についた、濃いみどり色のちいさな庇の外観が印象的な店だ。
いまの時期、午後と夕方の境目あたりの時間に行くのには理由があるのだった。それは対岸の堤防のさくらが見える明るさ且つ、まだ混みあう前の絶妙な時間帯なのだ。貸し切りのような2階席で対岸が良く見える場所に座り、ゆっくりピッツァとサラダでカールスバーグのクラブボトルを飲る。
これがまたさくらの頃ならではの密かな楽しみの一つなのである。
  
   

『さくらを折る馬鹿、柿を折らぬ馬鹿』の故事をご存じのご諸兄方々の為に、少しだけ花びらを失敬した四月最終日、あたたかな春の日だった。 Cherry_petal

< '11 Apl.   光と影ヴァージョン >

   
   
   
   
   
    
   
    

   

|

« 春色 blue-sky 地上支部 | トップページ | さ く ら の頃 ( 2/2 ) »

seasons (季節)」カテゴリの記事

記憶のFilm」カテゴリの記事