« リクエスト | トップページ | 春色の会話 »

2011年3月26日 (土)

やわらかな雨

   

春彼岸も過ぎ、本来ならばかなり気温が上がる頃であるが、寒い日が続いている。

その日は時折薄日の洩れる、あたたかな雨の日だった。
蔵のCaféにはまだ他に客の姿はなく雪が融ける音と雨の音が、この静かな空間に遠慮するように窓の外で囁き合っていた。
  
豪雪地帯ではない所にお住まいの方にとっては、窓の外を檻(オリ)のように囲んでいる丸太たち(細木)はきっと見慣れないものだろう。
これは雪囲いといって、窓ガラスや庭の木々を雪の重さによる損傷から守るものである。
新雪はふわふわとして軽い感覚があるが、それは10㎝程度までの話である。累計積雪が数メートル以上になる豪雪地帯では、雪の重さからそれらを守るために必須の設備なのだ。細木に背子板と呼ばれる半月状の板を縄で括っていく作業なのだが、職人の手がキチンと入った日本庭園などは全く別の美しさとなり、ついまた見とれてしまう。

今年の冬は雪が多い年だった。
この窓も屋根からの雪を考えれば、おそらく3/4程も雪に埋もれた事だろう。その時の薄暗さもまた、ここ雪国の『冬』そのものなのだ。
   

Spring_cafe

< 春のCafé >
山形県米沢市

   

だが季節は確実にあたたかな雨と共に、薄暗いCaféにワンクッションした春の陽光をつれてきていた。まもなく職人達が雪囲いを取り払えば、雪国の遅い春が訪れる。
  

これから季節は僕の生まれた月へと流れてゆく。
もともと今頃は好きな季節であるが、また別の意味でも忘れられない季節となってしまっていた。ちょうど1年ほど前にも、こんなあたたかな雨の日があった。それは誰にでもあるこころの隙間に、ゆっくりとゆっくりと沁みこんでいくやわらかな雨だった。

   

Spring_rain

< 春の雨 >

    

珈琲のかほりの中で窓の水滴に目をやりながら、そこに映すべき憧憬について思っていた。でもあいにく未だそれを持ち合わせていない事にただ、気づかされただけだった。
ひょんな事で僕の秤が水平線を失ってしまってからだいぶ経つ。
そんな秤に不定期に襲ってくる、ヨー・モーメントをかわすのも、だいぶ板についてきた。 だけどもときどき失敗して、上下すら判らないホワイトアウトに陥る時もあったりするのだ。先の休日、ここにある全ての記事を初めてレビューしてみた。その日は僕にとって特別な日であり、それを通じて客観的に何かを見てみたかったのかもしれない。
かなりの時間を遡ったあたりで気が付いたのは、ほぼヨー・モーメント≒記事の数という事実だった。
そして失われた水平線と秤にかかるヨー、そんな偶然の上でここにある全ての絵と文字と音楽が成り立ち、創られたという事に感謝しなければならないのだった。

窓の水滴の中に映るべきものを探しながら
   このゆったりとした空間と静けさにはコニー・フランシスの明るい声がよく似合う。

  

   

   

   

   

|

« リクエスト | トップページ | 春色の会話 »

seasons (季節)」カテゴリの記事