« わかれ | トップページ | 父と娘 (雛人形を見て想ふこと) »

2011年2月23日 (水)

カフェ・オレの御用達 (with spring incense)

  

そこカフェ・オレ(Café Au Lait)は実に美味しい。
なんでも濃いめに淹れたイタリアンブレンドに、ホットミルクを加えるだけの作業らしいが、そこはプロフェッショナル。
ストレートコーヒーとはまったく趣が異なる絶妙な風味である。

そしてカップを持った僕と偶然に目が合ったのは、柔らかな光の中で控えめに佇むスプリング・イノセンスだった。

   

Caf_au_lait02

< spring  incense >
山形県米沢市

     

真冬の12月下旬~3月に咲く桜がある。
左側の啓翁桜(けいおうざくら)は、この地方でも特にお正月用の飾り花としての人気も高い。そういえばたしか、TBS系の日曜劇場『冬のサクラ』の花でもあるはずである。
何故テレビをほとんど見ないこの僕が知っているのか? とタネあかしをすれば、そのソースはお見舞いのアレンジメントを求めた花屋さんで偶然に見かけたポスターだった。


ここ数日、春のような陽気(日差し)が続いている。
立春も過ぎたのだからあたりまえのような気がするが、この地方では春めいてくるのは通常はまだまだ先の話なのだった。若者が遠方の恋人に1年振りで逢う日を指折り数えながら待ちわびるように、内陸性の冬と言う閉塞された季節に閉じ込められた心は、まだまだ当分先になるだろうが、春先特有のあの少し埃くさい暖かな風が体(頬)の表面を撫ぜて通り過ぎてゆく春の日々を、心待ちにただひたすら待っている。

    

Caf_au_lait01_2

< Favolit Cup vol.5 >

       

上の二つのカップはカフェ・オレの御用達だそうだが、確かにこのカップ達は不思議な魅力を持っていると思う。
カフェオレを薄くした感じの色を持つドイツ製のカップらしいが、棚に並ぶ数多くのカップの中では、その色とディープ・パープルの地味目のプリントのせいか少しくすんでいるように見えてあまり目立たなかった印象があった。

しかし中身をそそいで口に運ぶとそれが単なる僕の誤解だったことを知ってしまった。
口の中に広がる珈琲とやわらかいミルクの風味を感じながら、唇から離したそのカップにゆっくりと目を移す。
すると・・・

そこにあったのはたった今、味覚で感じたのと同じ、
冬の終わりと春の初めが融け合うような、カフェ・オレとカップの穏やかでやわらかい、境界線だった。

   

   

    

   

|

« わかれ | トップページ | 父と娘 (雛人形を見て想ふこと) »

0.6 mile radius (半径 1 Km 圏内)」カテゴリの記事

好きなこと・好きなもの」カテゴリの記事