« 大寒が過ぎた頃 | トップページ | 春への想ひ Vol.1 »

2011年1月30日 (日)

親指と対話するカップ

 

このCupとの出逢いは実のところ、以前掲載した『一羽の蝶』と逢った直後の事だった。

時期的に言えば昨年の11月も終わろうとしていた頃だったように思う。その既にUP用の絵は出来上がっていたのだが、なぜW.WのCupと前後したかと言えばその絵本を再び作り直したいと言う想いがあったからに他ならなかった。

Blue_mountain_01

< Favolit Cup vol.4 >
山形県米沢市

このCupの印象。

透明感のある美しい白に、持った時に感じる親指の心地よさ。
それとあまり見たことがないフチのラインだった。
これを初めて見た時から、山があり谷がありそして時々尖(とが)るその独特のラインは遠い昔、蒼くて尖っていた頃と重なるような気がしてならなかった。そんな想いが絵自体を撮り直して、この絵本を再び紡ぎなおすという作業に駆り立てていたのかも知れない。


***

さて中身はと思いあぐねていると、マスターが期間限定のブルーマウンテン No1を薦めてくれた。いくら珈琲に疎い僕でも、いつも珈琲豆売り場では別格扱いされている、世界一の豆とか言われている事くらいは知っていた。彼は特徴のある豆が好きな人には少し物足りないかも知れないと、ドリッパーにお湯をそそぎながら説明してくれる。

一口含むと以外にくせがなく、軽やかな甘みのような感覚を残して喉の奥に消えてゆく。いつもブラックで飲んでいるが、甘みのような感覚(後味)を感じたのはこれ初めてのような気がする。飲み込んだ後に鼻から抜けてゆく香の高さも、No.1のスタンダードを確立したこの豆が持ち合わせる独特のテイストなのだろう。

Blue_mountain_02

右手の親指がCupとの会話に夢中な頃。
視線はふちの尖ったラインをトレースしながら、左手はと言えば勝手に思い出のアルバムをめくっていた。


***

そこには長髪のパーマネントに学ランの腕をまくりあげて派手な裏地を露出させ、ペシャンコに潰した学生鞄を小脇に抱えて歩いている僕がいた。もちろんズボンはボンタンと言いたいが、ストレートだった。憧れなかった訳ではないが、すぐ上の先輩達はみな硬派だったから結局はけなかった。最近の僕しか知らないご諸兄方は、その風体を見たらきっと大笑いすることだろう。

同じクラスにセンターベンツの中ラン、少し短めのボンタン姿をしたHと言うヤツがいた。彼とは誕生日が同じで妙に気が合った。いつも酒を飲んだり麻雀、パチンコで遊んだものだった。少し日本人離れした彫の深い顔立ちに、鋭い目つきとパンチパーマ。そのいでたちはそこに居るだけで強烈に周囲を威圧するものがあった。 口を開くまでは・・・
彼のトークと声は初めて聞いた人間は、ドリフターズのようにこける程、優しいものだった。(彼の名誉の為に記しておくが、パンチパーマはナチュラルであり、校則には触れていない。ただし100%ナチュラルかは知るよしもなかった。実は僕も40%程はナチュラルだったが、残りは濡れると直毛になるという、巧妙に仕組まれたパーマネントだった)


あの頃尖っていた分、怖いものなどなかったような気がする、目の前には洋々とした時間もあった。若気の至りの真意を半分知りながら、そして残りの半分を隠れ蓑代わり(言い訳)にして随分と無茶な事をやっていたときだった。

青春時代が夢なんて、あとからほのぼの想うもの、セイシュン時代の真ん中は・・・

    フト昔の歌詞が浮かんだ。

(続)

 

 

 

|

« 大寒が過ぎた頃 | トップページ | 春への想ひ Vol.1 »

0.6 mile radius (半径 1 Km 圏内)」カテゴリの記事

好きなこと・好きなもの」カテゴリの記事