« マンデリンのしらべ | トップページ | 豆を選ぶカップ »

2010年12月18日 (土)

X-mas の頃

   

読者の方にとってサンタクロースの存在は、いつ頃まで確信があっただろうか。
育った家庭環境や、おませな子が同級生がいたかなどにも左右されると思うが、僕の場合は、小学校の高学年(たぶん5年生の冬が最後)ような記憶がある。
   Wreath

< クリスマス・リース >
宮城県松島町

   

きょうだいの中で、♂は僕一人だった。
あとは10才程も歳が離れた姉が二人いるだけの3人の構成である。当時クリスマスと言う意味合いすら知らず、楽しい冬休み・お正月へと続く最初のイベントとして、サンタクロース(たぶん姉達)から届くプレゼントを楽しみに過ごす夜。
それは毎年母子家庭と言う環境の中でのささやかな、クリスマスパーティーだった。

一番最後まで取っておいた、固まったようなバタークリームののったケーキをたいらげて、プレゼントを楽しみに幸せな眠りに就く。
『何も知らない』 それは、それは、とても幸せな夜だった。
そんな30年以上も前のクリスマスの記憶が、この時期になるといまでも時折、雪の匂いでパラパラとめくられたりする。

もともとこのChristmasは敬虔なクリスチャンにとって、イエスの降誕を祝うお祭りだったらしいが、いまや日本でも宗派を問わず、まさに年中行事となって定着した感があるように思う。その是非を語る必要もないが、いまやすっかり商業化され飽食かつモノがあふれ、美しいイルミネーションが街を彩る時代になってきたように感じる。
クリスチャンや小さな子供達、若者達でなければ、(いわゆる子供たちが大きくなった中年層にしてみれば)クリスマスはもはや飲食などの大義名分でしかないと言う話をラヂオで聞いた。まぁ、たしかにそう言い切ってしまえばそうなのかも知れない・・・と失笑させる発言だった。


本来24日の日没から25日の午前0時までを教会暦でクリスマス・イヴと呼ぶらしい。
そしてクリスマス自体も25日の日没を以て終わるらしいのだが、いつ頃からだろうか『イヴ・イヴ』と言う造語が出てきたのは。でもそれはそれでいいのだと思う。
一日でも長くこのイベントを楽しみたいカップルにとってはの話だが。

Ayumi

< Futari-no-Ayumi- 灯りの中へ >
宮城県松島町

偶然みかけた二人。
これからどんな物語を紡いでゆくのであろか。

灯りの中へ足を踏み出す彼らにも幸多かれと願いを込めて。

I wish you a merry Christmas!

    

    

|

« マンデリンのしらべ | トップページ | 豆を選ぶカップ »

seasons (季節)」カテゴリの記事