« 一羽の蝶 | トップページ | 蒼の回廊 »

2010年11月28日 (日)

ひとりは漱石、ひとりは英世

  
その出来事は二つのある偶然が重なっただけの出来事だった。だが僕の記憶の中では『アーカイブス』という特別な領域に格納されてしまうような出来ごとだった。

Angel_3

<  少女への懺悔 >
福島県福島市

小春日和に誘われて出かけた日曜日の美術館。
館のエントランスの右手には奥にCaféと大きな池がある。日差しが実に心地良く池に突き出た出島のようなところに座り景色を眺めていた。立ち上がろうとしてフト足元をみると阡円札が、それも四つ折りの裸で落ちていた。いわゆるおひとり様だったのでフォローしてくれる人もなく、さりとてCaféからの人目もあり、それを拾うかどうかを決めるのに3秒ほどの時間を要した。

財布自体、いやもっと大きな金額だったら別であるが、拾う前からそれを届ける気はなかった。裸の札を一枚届けられた方も迷惑だろうし、僕自身それで時間を費やすのも嫌だった。まぁ、赤い羽根募金に阡円札を入れるのもカッコいいかな?
ぐらいで軽く考えていた。

次の偶然は美術館のロビーで起きた。
そこは柱と高い窓が美しく、デジカメで何枚かの絵を切りとっている時だった。小学生低学年と思しき女の子が、『これ、落としましたよ』と阡円札を僕に差しだした。一瞬戸惑ったがやっぱりまたかと思った。拾った札を入れたのは上着の右ポケット、先程から何度もデジカメを出し入れしているのも、やはり右ポケットなのだ。上着のポケットへ直に札を入れる習慣がなくなったのも、いままで何度かその経験があったからだった。

右手がふさがっていたので、『ありがとう!』と気軽に彼女から左手でお札を受け取り左のポケットに入れた。それから2分後カメラをポケットに入れた時に右手に触れたのは、先程拾った四つ折りの阡円札だった。慌てて左ポケットを探るとそこにはさっきの二つ下りの別の阡円札が入っていた。

辺りを見廻したが、もうその子の姿はなく、なんとも表現しがたい複雑な気持ちだけが残った。なぜあの時面倒がらずに、右のポケットを確かめなかったのだろう。そうすれば親切なその子に『ありがとう、でもそれはおじさんのじゃないようだな』と言えたのだった。

1時間ほど前に拾った四つ折りの漱石、そして先程少女から渡された(受け取ってしまった)二つ折りの英世。それを左右のポケットの中で触れながらそらを見上げると、自分の心中とはうらはらな抜けるような冬の青空が広がっていた。

Angel_01

    

    

     

|

« 一羽の蝶 | トップページ | 蒼の回廊 »

scenery (過ぎてゆく眺め)」カテゴリの記事

きづきの扉」カテゴリの記事