« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の記事

2010年10月20日 (水)

White (seale・・・これからソレヲ、トクもの・スルもの)

   

White

< Seale >
山形県米沢市

    

それは普通に白と言うよりも、輝くと言う形容詞がふさわしい白だった。

もう終わりかけのコスモス畑の中で、その白は秋の日差しを浴びて眩しく輝いていた。辺りは萎みかけた花や、次世代への準備を始める種蕾ばかりなのに、その白は今が盛りとばかりに輝き放っている。自分にとって白は特別な色でもなんでもないが、揺れる輝きを眺めていると、水面にキラキラ映る日差しのようにも見えてくる。これからとかなければならない、そしてしなければならない seale なのであろう。

   

      トム・ウエイツ       トム・トラバーツ・ブルースを聴きながら

     

その光景をシネマスコープサイズで切り取り、まるで映画のワンシーンのようにして眺めてみる。

季節(season)の再来まで、アト少し。

     

   

|

2010年10月 6日 (水)

Pink・・・順光色と透過色

Pink

< 見返り美人 >
山形県米沢市

       

すぐ隣に咲き乱れるコスモス。ここはピンクや白が大半をしめるが、例えば黄色など最近は新しい色のものも見かけるようになってきた。朝な夕なに眺めていられる贅沢を堪能しながら、初めて気がついた事がある。それは朝しか見られない透過光の中でのピンクだった。

コスモスならではの適度な花の大きさと、光を透過する花びらの厚みの加減なのか、通常の光の中での、くっきりとした感じとは違い『フワッ』とした柔らかな印象を受ける。一言でピンクのコスモスと言っても、様々なディティールを持つピンクがある。見返り美人というよりは後ろ姿というのが正しいかのかも知れないが。

フト心に浮かんだ・・・
様々な色を持つヒトの心の中は、どうなのであろうか?
順光は建前であり、本音は透過光なのだろうか?
国会のセンセイ方の中には、透過光を当てると真っ黒のシルエットになる方も、おられるような・おられないような、きっと気のせいであろう。まぁ人の事はさておき、一体自分はどうなのだろう・・・・・・・やはり同じ色で、フワッとした色彩を目指したいと思う。

  

   

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »